4月 某日 個展中の愉しみと、香合の中

「フルートとハープのための協奏曲」などが静かに流れている個展会場。
黄金週間も前半が始まり、デパートの客足も伸びつつある様子。

女子店員さんが煎れて下さった煎茶を啜りつつ、
差し入れのドラ焼き(ケーニヒスクローネ謹製)などを摘みながら
お客さんの切れ間には、資料で持参した陶淵明の全集、村上春樹など終日読む。
このゆったりとした時間は個展期間中(特に適度に暇な)でしか味わえない。
b0041520_2261468.jpg




今回の個展のDM作品「染付唐子唐子図香合」に売約がついた。

b0041520_2232472.jpg


手元から離れることが決まったので、内側の絵付けを公開しておこう。
蓋には「松竹」と「鹿」、身には「梅」と「鶯」。

b0041520_2245843.jpg


息子達よ。
ヒトんちにいっても元気で持ち主を幸せにしてくれよ!
by kaikaisei | 2009-04-26 22:09 | 日記
<< 4月 某日 岡山の最終夜 4月 某日 岡山の夜 >>