4月 某日 いざ。備前へ!

明日から始まる「骨壷展」の搬入に備前に向う。

道は吉井川沿いに南下して行くのだが、
新芽を吹き出した山の樹々の緑が備前に近付くに従って色濃くなっていく。
久々の陽射しを浴びて、網膜に快く滲む。
ここのところモノトーンの世に引き籠もっていたものなあ‥‥。
自宅から1時間半ほど気持ちのいいドライブ。
b0041520_1053401.jpg

しかし、目的地が近づいて来ると次第に緊張感が高まる。
作品は十点足らずとは言え備前焼の産地に染付の磁器を持ち込むのは
なんだか道場破りに行く様な心境だ。
大袈裟かもしれないが…。
by kaikaisei | 2010-04-29 10:54 | 日記
<< 4月 某日「骨壷展」始まる 4月 某日 屋根の上のロクロ挽き >>