12月 某日 非常勤の仕事 5

いよいよいよ最後の授業となった。
大量の焼き上がった作品を文化演習教室に運び込む。
学生達は歓声を上げなから作品を机の上に並べてくれた。
先ずは皆で観賞会だ。
b0041520_19524558.jpg

今年もなんとか無事に作品を焼あげて手渡すことが出来た。
毎年のことながら、大量の作品を管理するのは
自分の作品以上にストレスがかかるが彼らの喜ぶ様子を
見たら大いに報われた気持ちにもなるのだ。



自分の作品を手にして、一人ずつ感想を発表してもらう。

b0041520_19524423.jpg


まだ幼さ抜けない彼ら。
そのほとんどが来春には福祉現場の最前線で
介護の兵士として働くことになる。

就職率は100%だが離職率もダントツに高いという厳しい世界に
身を投じる彼らに、この陶芸の体験が少しでも生かされればいいのだが…。
by kaikaisei | 2010-12-19 15:46 | 日記
<< 「波兎香炉」の作り方 4 「波兎香炉」の作り方 3 >>