酒、といえば「大地の歌」だ。

b0041520_1505679.jpg


酒蔵を営む友人が新しく完成した酒を持って来てくれた。
日本酒離れが進む中、大変な思いをして、
やっと瓶詰めして発売に至った苦労の作だという。

米焼酎とにごり酒。
ここのところ、焼酎といえば麦や芋ばかりで米で出来たものは…あれ?!
もしかして初めて?
「みどり」とは米の「実から取れた」焼酎ということで昔からそう呼ばれていたらしい。

なるほど、この円やかさは米麹ならでは味だ。
ここはお湯でもロックでもない。
常温の天然水で割りたい。

「にごり酒」の方はまだ封を切ってないが
スッキリした辛口で濁り酒らしからぬ風味らしい。
空気に触れてからの味の変化も楽しみだ。

ツマミはマーラーの「大地の歌」にしよう。
初演したワルターが最晩年に指揮したニューヨーク・フィルのLPに針を落とし
ミラーとヘフリガーの名唱に酔うべし。

「自粛」ではなく「萎縮」した心と身体を解きほぐすために…。
by kaikaisei | 2011-04-15 02:08 | 聴く
<< 4月 某日 昨日のカレンダー 4月 某日 さくらまつり >>