6月 某日 風鈴

b0041520_2139154.jpg


軒下でチリチリとすゞやか音色を響かせているのは
先月の新宿での二人展で御一緒した鶴田さん作の風鈴。

もともとは和紙の短冊が風を受けていたのだが、
我が奥さんが「面白くない!」と付け替えてしまったのがコレ。。。
(鶴田さんご免なさい)
ぶら下がって揺れているのは、和装のおりに頭に付ける髪飾りの羽根。
オンナの人の発想は思いもよらないものだと感心する。
和風の風鈴が、いきなりネイティブ・アメリカンの祭礼具になったみたいで面白い(笑)
by kaikaisei | 2011-06-27 21:43 | 日記
<< 双耳龍紋扁壺の製作 2 6月 某日 デジタル化 >>