プラナリア観察2

プラナリアは清流に棲む水性昆虫を食べている。
では餌は何を与えればいいか?

好物は鶏のレバーらしいが、水が汚れやすいので
鑑賞魚の餌になる冷凍アカムシがおすすめらしい。
補食の様子を観察してみよう。
ちなみに、給餌は週に1〜2度でいいらしい。
b0041520_23301148.jpg

解凍したアカムシに近寄るプラナリア。

b0041520_2330111.jpg

ウネウネと絡み付くプラちゃん。
腹部にある咽頭と呼ばれる器官にアカムシを取り込む為。
ここは口であると同時に排泄器官でもあるらしい。
消化器官は全身に広がっている!わけ。すごいっしょ!

b0041520_23295387.jpg

徐々にアカムシを体内に引きずり込んでいく。
b0041520_23294457.jpg

プラちゃんより目で懸命に取り込む。

b0041520_23293451.jpg

全身にアカムシを取り込んで体が赤くなった。
満腹状態で体も一回り大きくなった。
下半身がなくても大丈夫。
by kaikaisei | 2011-08-30 23:37 | 日記
<< 8月某日 夏の絵付け体験 4 虫の音 >>