3月 某日 発表会

b0041520_23215199.jpg

3月の恒例行事になっているN見短大地域福祉学科の発表会。
この学科で陶芸を指導し始めて8年になるが、発表会は4回目。
参加している学生達にとっては卒業を前にして地域の人々に最後の御披露目だ。
舞台に立つ真剣な表情が初々しくていい!

来月から殆どの学生が介護の現場に向かうわけだが、
県外出身が多いため皆地元に戻ってしまう。
よって、介護問題がぐっと身近なことになったこの頃、
私や親族が今後彼等にお世話になる確率は低いが、
どうか長く福祉の仕事に携わってもらいたいと切に願う。

しかし、過酷な現場が彼らを待っていることには間違いない。

b0041520_23215715.jpg


陶芸の経験も彼等の人生に幅を持たせる助けになったらいいが…。
手の温もりを伝えられる人になってほしいものだ。
by kaikaisei | 2012-03-08 23:28 | 日記
<< 願い 2月 某日 ハンダ付け 2 >>