5月 某日 倉敷

b0041520_21262740.jpg

今日は久しぶりに倉敷に出掛けた。
美観地区の工房イクコにA木さんの個展を観に行く為だ。
家から高速道路を使って一時間半、スムースに倉敷に到着したと思ったら
会場を目の前にして大渋滞に巻き込まれた。さすが観光地だ…田舎とは違うと田舎者は得心す。
どうやら芸文館前広場での全国クラフトフェア(正式名称失念)によるもののようだ。

そう言えば倉敷在住のK村さんが出店するようなことを以前もらったメールにあった気がする。
しばらく長蛇の列に並んで地下駐車場にクルマを納めて、賑わう会場に足を運んでみると
ほどなくK村さんのブースを発見した。

今年で二回目の出店というK村さん「私はほんとうはクラフトじゃないだけど…」と
居心地の悪そうだったが、大きな作品も動いている。先ずは盛況を祝う。
彼女の染付作品は久しぶりに見せてもらった。相変わらず清楚でとてもいい。
しばらく近況や相談事(!?)を伺う。
地元を離れて京都でも個展を開いたりして徐々に表舞台に立ちつつあるK村さんだ。
お互いに頑張りましょうと励まし合った。

広場に全国の様々なジャンルのクラフト作家が各々軒を並べている。
若い作家が多い割には作品のレベルも高いと思ったら、
誰でも簡単に出品できるのではなくちゃんと実行委員会で選考されるらしい。
倉敷では名物のイベントとして定着しているようだ。





A木さんの個展会場は歩いてすぐのギャラリー工房ikukoだ。
今日は輪島からご本人が来られているから、お目に掛かってお願いしたい事があったのだ。

まだ詳しいことは発表できないが来年の或る企画展のお誘いだ。
数年振り、それもわずか一度会っただけのお付き合いだったが二つ返事で
快諾していただいてホッと胸を撫で下ろす。
会場に展示されたA木さんの作品はどれも洗練されていて、
いつか一緒に展示される日が来ることを思うとドキドキした。
b0041520_2119918.jpg

by kaikaisei | 2012-05-15 22:13 | 日記
<< 双耳龍紋扁壺の製作 25 双耳龍紋扁壺の製作 24 >>