6月 某日 西新宿

b0041520_225765.jpg

渋谷での個展。今回も慌ただしいうちに会期が終了してしまった。
後半だけの在廊だったのではっきりとは断言出来ないが、独立して20年目ともなると
お客さんの世代交代が着実に進んでいるとことが実感できる。
当然不況の影響も大きいし、お客さんの購買層も変わってきている。
かといって価格の安いものでないと売れないというわけでもない。
東京というやや特殊な市場だから全国的な傾向だとはいえないが
良く言われる二極分化がすすんでいると言われるなか、我が「業界」では一極化がさらに進んでいるという印象だ。
経済や産業が優先されるこの国にあって、疎かにされがちな文化の伝承という意味では
我等の仕事もその一端にあるという使命感をもってこの厳しい時勢を乗り切っていくしかない。
深刻になっても仕様がない。
良いものを丁寧に、心を込めて作り続ける…単純に云うとこれだけだろう。

搬出の手伝いに伊賀のW辺さんが来てくれた。
二月には名古屋での個展を訪ねたが、今度は私の個展に来てくれた。
なんとも義理堅い人だ。

片付いた店でH間さんと三人で軽く乾杯してから、W辺さんと西新宿のに向かう。
地上40階からの眺望を肴に美味しい料理とお酒を楽しんだ。
私の器達にも久々に対面できた。
b0041520_2253289.jpg

嫁ぎ先でしっかりつとめていてくれる姿に「親」の私が励まされる(笑)
料理長のOさんが度々席に足を運んでくれて会話を盛り上げてくれた。
再来年にはここでW辺さんも仲間に入れて大きなイベントが出来る。
大いに楽しみではあるが、少し先のことでもあるので
それまでに公私に障害がないことを祈ろう。
b0041520_22531834.jpg

名物スウィーツ「金の卵」
by kaikaisei | 2012-06-17 23:04 | 日記
<< 6月 某日 プロヴァンス 6月 某日 映画化 >>