個展の二日目

b0041520_8325968.jpg

個展の二日目というのは往々にして、
週末前の平日ということもあり客足がダレるというのが経験上のパターンだ。
明日から世は三連休…会場が賑わうことの前兆と解釈する。
売れる売れないは二の次、先ずは足を運んでもらう努力だけはしなければならないなあ。
…と同時開催の山田さんと話す。

お客さんの途絶えた午後。
間を見計らって、ふるさと村を散策ス。
私にとっては見慣れた里山の風景も都会のど真ん中に残れば
市民の憩いと癒しの場となっている。
これは私のように物作りをするものにも言えることだろう。
殺伐とした世の中にこそ、喜ばれる作品を提供する意味がある。

紅葉の彩りも次第に会場の石段に沿って下界に降りていくようだ。
b0041520_8352626.jpg

by kaikaisei | 2012-11-23 08:42 | 日記
<< 個展の三日目 11月 某日 個展 初日 >>