1月 某日 非常勤の仕事 4

b0041520_13563522.jpg


今年度のN見短大での陶芸授業も最後になった。
年末に焼き上げてあった学生の作品を手渡す日。

先ずはテーブルに並べていつものように作品鑑賞会。
この後は各自自信作を紹介しながら感想をのべてもらう。

ささやかな陶芸経験かもしれないが、物を作ることの大切さや器への関心、
ひいては食生活や日本の文化などへの興味のきっかけになってもらいたいのだが…。
今年はモチベーションが低い学生が多くて、私の思いが上手く伝わったかどうか(苦笑)

そんな中ひとりの学生の言葉が心に留まった。
「使ってもらいたい人のことを考えながら作ったらいいものが出来ました」
非常勤講師の仕事も今年で8年目ぐらいになる。
少々マンネリ気味になりつつある講座だが、この一言はいいヒントを与えてくれた。
せっかく授業時間も増えたし、校舎も新しく新築されつつある。
来年度は授業内容の趣向を少し変えてみよう!
by kaikaisei | 2013-01-22 14:00 | 日記
<< 双耳龍紋扁壺の製作 32 双耳龍紋扁壺の製作 31 >>