5月 某日 ガス窯移動

今日は朝からK田さんのところにM永君と陶芸資材搬出に行く。
物がものだけに自家用車では無理なので、レンタルで2t積載のユニックを借りて現場に向かう。

午前中の涼しい時間に力仕事を片付けておこうということで
先ずは大量の粘土(ほとんどが備前の原土)を運び出す。
広い荷台がほぼ一杯になったので、おそらく3t近くはあるだろう。
これはM永君の実家に運ぶが、積み降ろしだけで結構大変であった。

b0041520_8561074.jpg


午後はいよいよ窯の運び出しだ。
ガス窯の配管を外して、ブロック小屋のスレート屋根を撤去。
煙突を外してスリングベルトを掛けてユニックで吊り上げる。
重量は約1.5トン。
実はユニックの操作は初めてで、最初は戸惑ったが直ぐに要領がわかった。
M永君も上手くリードしてくれて無事に積み込み成功。

b0041520_856446.jpg


そのまま、工房に搬送して先日解体したテラスに積み降ろす。
予想通りぴったり納まりホッと胸をなで下ろす。
後は再びテラスを組立るわけだが、雨風にあたらないように周囲を完全に囲む必要がある。
窯だからや換気や防火も気をつけなければならない…さて、どうやるかだ。
個展が近いので直ぐには取りかかれないが、なんとか梅雨に入るまでに仕上げたい。

b0041520_85558100.jpg

by kaikaisei | 2013-05-22 09:00 | 日記
<< 5月 某日 研修旅行 双耳龍紋扁壺の製作 38 >>