2月25日 父帰る日

今日は午後父が退院する日だ。
ただ明日より始まる「黒谷の家」での「お雛あそび」の会に
今年も出品することになっているので今日はその搬入がある。
そのため病院への迎えは妹に頼むこととなった。
朝窯出しした唐子雛を加えて出品作の準備。リストを作りシールを貼る。
M永君に梱包を頼み午前中には用意が出来た。


午後から今長男が通う母校の小学校でコンサートがあるため
搬入の荷物をのせて小学校に寄って行く。
文化庁の「本物の舞台芸術体験事業」というもので
なんとフルオーケストラがやってくるというのだ!
滅多に無いことなので保護者の皆さんもどうぞということで
これは行かねば!と楽しみにしていた。
大阪シンフォニカー交響楽団総勢64名。
広い体育館といえども流石にフルオーケストラは舞台に上がれないのでフロアに
子供達と向かい合っている。
保護者の席が舞台上で対峙したそれを見下ろすかたち。
何とも不思議で贅沢な眺めだ。
長男は一年生なので最前列中央。
指揮の松沼利彦氏のお尻を見上げるポジション(笑)
b0041520_20495692.jpg


演目は
ブリテン「青少年のための管弦楽入門」
チャイコフスキー「くるみ割り人形」から抜粋
ショスタコーヴィッチ「祝典序曲」

溢れ出る響きに思わず目頭が熱くなり困った。
クラッシックの演奏会には何度も出掛けてきたが
こんな感激は初めて。
途中ハラハラしたが子供達も頑張った一時間半。
指揮の体験コーナーなどもあり考えた内容。
また最後のショスタコは凄まじかった!

最後はラデツギー行進曲のアンコールの後
オーケストラ伴奏で校歌の大合唱。
なかなか皆が一体となった感動的な場面。
名曲名演はレコードCDで聞けるが
やはり生の演奏にはかなわないという実感。


さて、それからの搬入に向う。
クルマで一時間。岡山市の外れ
黒谷ダムのすぐ下にあるのが通称「黒谷の家」K野さん宅に到着。
古民家を再生した個人宅。その世界では有名な作品(!?)でもある。
年に一度この季節に合わせて「雛遊びの会」を催され
沢山のお客様が尋ねて来られる。
私は不思議な御縁でお声をかけて頂いてもう四年目になる。

一年振りに合うご主人と「焚き火の間」で話したり
去年はなかった露天風呂を見せてもらう。
荷解きをして帰宅したのは夜7時半になってしまった。

生還した父がホッとしたように自室の布団に寝ていた。
by kaikaisei | 2005-02-27 20:59 | 日記
<< 2月26日 戸締まり用心火の用心〜♪ 集団お見合い!? >>