11月 某日 天満屋

b0041520_23244612.jpg


 岡山の天満屋の美術画廊といえば知る人ぞ知るところで、
都内有名デパートの美術画廊は別格にしても、
地方のデパートとしては美術部の実力と格式では定評がある会場、らしい。
確かに県内外から有名作家の個展をひらいている。
当然地元の備前の作家にとってはそこで個展をするというのは大きなステータスだ。
私はもっぱら岡山では高島屋の方にお世話になっているので蚊帳の外だが(笑)

ところが、その檜舞台で軽々と個展を今回開いたのが信楽の渡辺愛子嬢だ。
初めての岡山での個展開催ということならば尚更!
と相棒(笑)M永君と一緒に二時間掛けて県南に下った。

焼締め王国備前で信楽の看板を掲げて道場破り?!とはなかなか大胆な…と少々心配もしたが
意外に同じ焼き締め陶ということで興味を持ったお客さんや
隣の広島から熱心なファンが何人も来られたりと評判も上々ということであった。
やっぱり愛子さんはどこにいっても人気者だ。
オジサンとしては彼女の精力的な仕事振りとフットワークの軽さが妬ましくなる。

夜は会場で待ち合わせた地元の若手陶芸家数人で愛子さんを囲んでお楽しみの酒宴を開く。
相変わらず細かい気配りを忘れない彼女だが、
時間が経つのも忘れ閉店ギリギリまで飲み明かしたのは言うまでもない。
翌日は朝から絵付け教室というのにね!
b0041520_2327815.jpg

by kaikaisei | 2013-11-04 23:30 | 日記
<< 11月 某日 青年部 10月 某日 ラヂオ収録 >>