工房訪問 4


b0041520_21150781.jpg
美作もの作る人々。
今回は津山市内在住の現代アート作家 小林泰子さんの仕事場を訪ねた。

岡山県立大学のデザイン学科でテキスタイルを専攻して卒業とともに大学で学んだ染色の技術を生かして
現代美術の世界に飛び込んでいった小林さん。
b0041520_20563355.jpg

作品は木の葉や枝、石、卵の殻など自然の素材を自ら染めた絹糸で包み込む様に染め上げていく。
絹糸の艶やかさと天然染料の柔らかい発色が自然のフォルムを綾なして神秘的な柔らかい光を放ちはじめるよう。

b0041520_20565131.jpg

糸を巻き付ける作業は楽しくて没入すると時間を忘れるそうだ。
今後は素材の範囲をさらに広げていきたいということ。

小林さんは今日もひたむきに糸を吐く蚕のように作品を生み出している。
きっとその繭からは新しい命が生まれてくるような予感がする。
頑張って!小林さん。


b0041520_20561824.jpg

















by kaikaisei | 2015-09-15 21:28 | 工房訪問
<< 藍染付展 in 津山 絵付け体験アーカイブ更新! >>