6月 某日 長岡 二日目

b0041520_09573996.jpg

連日、長岡の陶芸ファンに足を運んでもらっている。
やはり歴史ある城下町だけあって茶道関係のお客様が多い。
ここでも裏千家の先生方が多いけれど、宗徧流の人もたくさんおられるのは
かつての長岡藩の藩流だったという土地柄もあるようだ。

今回の絵付け体験では、いつもの銘々皿(板皿)のほかにお茶道具の蓋置を用意した。
皆さん小さな画面に悪戦苦闘しながらも熱心に絵付けを挑戦しておられる。


by kaikaisei | 2016-06-25 10:18 | 日記
<< 6月 某日 長岡 三日目 6月 某日 長岡 初日 >>