とんど!

今や「手で田植えをするのは園児と天皇ぐらいだ」と言われるように
日本の伝統行事は幼稚園、保育園と皇室によって保存伝承されているのである。

今日は「とんど」(地方によっては「どんど」?)。
正月飾りと書き初めを若竹や杉の葉と一緒に積んでもらって点火。
竹が景気よく弾ける音と共に書き初めの灰が天高く舞い上がっていく。
さあ皆、字が上手に書けるように手を合わしてお願いするのだ。

園長先生が燃え残りの灰をみんなオデコに塗ってもらって健康と勉強のお呪いをしてもらった。
私も「おとうさんは立派な仕事が出来ますように」ってグリグリ塗ってくれたよー。

この絶滅寸前の光景にNHKを含む地元ローカル局3社が取材に集まり、
夕方のニュースで放送されたんだと…。

b0041520_23335279.jpg

燃え残りの炭火に竹竿に付けた鏡餅をかざして焼く。
これが「鏡開き」ですな。

このお餅を食べたら風邪をひかないとか。
昔のひとはいろんな縁起をかついだもんなんですな。

b0041520_2334239.jpg

顔がアジ〜!!
by kaikaisei | 2006-01-13 23:40 | 日記
<< 最後の授業。 今後の個展とグループ展の予定 >>