5月 某日 曇り時々雨

E崎さんがギャラリーを始めたというので、
わが映画の師K野先生、水彩画家のT中さんと一緒にクルマで一時間程、総社市に出かけた。

E崎さんはかつて存在した高島屋津山店の初代店長であった。
在任中は地元の文化芸術方面の作家達の紹介や交流に公私にわたって力を注いだ人。
私も個展やグループ展を何度かお世話頂いたし。
交友関係も広げてもらった。

そのE崎さんが今年定年退職されて、奥様と一緒にギャラリーを始められた。
最初の企画はE崎さんが今まで蒐集してきた骨董のガラスの器を展示販売されるというもの。

b0041520_21402684.jpg


なかなか考えられ行き届いた設計とインテリアに感心する。
また喫茶軽食のスペースも有り、E崎さん自らの調理したメニュウでお昼を頂く。
おばんざい定食はなかなか美味だった。

7月にはK野先生の風景画の展覧会が決まっているというし、
秋には私もささやかな個展をする約束をした。

定年後のひとつ夢を実現して、これから新しい人生を歩むE崎夫妻である。

これから定年を迎える団塊の世代の皆さんにとっては切実な問題。
私などは定年無いからもう諦念(笑)
幸か不幸か生涯現役なのだ。
羨ましがられるもするが。。。シンドイことです。

帰りは牡丹園が丁度見頃だという情報があり、岡山市の半田山植物園に寄る。
今度牡丹の図柄を皿に描くので、スケッチしときたかったのだ。
しかし!残念ながら、花は既に一週間前に終わったとのこと。
しょうがなく僅かに残った花と葉っぱだけ描いて帰る(悲し…)

b0041520_21404376.jpg


遅かりし。。。見事に葉っぱだけ…。
by kaikaisei | 2006-05-09 21:44 | 日記
<< 牡丹寺 作品の値段について(続き) >>