12月 某日 非常勤のお仕事(3日目)

新見公立短期大学の陶芸講座。今日は第3回「タタラ造り」
「タタラ」とは粘土板のこと。

b0041520_043149.jpg

一時間目はマグカップの制作。
空き缶を芯にして切り出したタタラを巻き、底板を付け、
把手を付け出来上がり。
真剣に粘土と格闘する彼女ら。手も動くが口も良く動く。
賑やかな授業。楽しんでくれているには違いないが(笑)

b0041520_05228.jpg

35名中、男子学生はこの二人のみ。かしましい女子を尻目に黙々と…。
彼らは手際がよくほとんど手が掛からなかった。

担当の教官は心理学の先生。
「普段見えない学生の姿が見られ、出来上がる作品と合わせて非常に興味深い!」とのこと。
確かに性格があらわになるものだ。陶芸の作業って!

次回はいよいよ最後の工程。絵付けだ。
by kaikaisei | 2006-12-02 00:11 | 日記
<< 干支作品の制作(6)  干支作品の制作(6) >>