カテゴリ:日記( 844 )

6月 某日 長岡へ

b0041520_09484366.jpg


三年振りに新潟長岡に来ている。
「ぎゃらりい栗本」での個展は二度目。
週末まで在廊しながら三日間絵付け体験をする予定。

昨日は早朝に岡山の自宅を車で出発して丁度9時間半の旅程だ。
日本海側、本州の腰骨のあたりを北上する。
その間、大飯、美浜、志賀、柏崎刈羽と次々と原発を辿る。
北陸道を原発街道とはよく言ったものだ。
その度に海側から大鉄塔が送電線を内陸に運ぶ。
頭上に電気の流れてない送電線をくぐりながら、なんとも虚しい気持ちになった。











by kaikaisei | 2016-06-23 09:46 | 日記

6月 某日 挿し木

6月に入って庭のブルーベリーも結実して日毎に実を膨らませつつある。
今年は剪定したシュートや緑枝で挿し木を試みてみよう。

b0041520_20392815.jpg


ホットドームを被せて1カ月もすると新芽が伸長するというが…実験気分。

b0041520_20392838.jpg













by kaikaisei | 2016-06-05 20:26 | 日記

4月 某日 個展最終日

b0041520_08480053.jpg



昨夜は渋谷である団体に頼まれて、人前で初めて講演会というものを体験させてもらった。
前半は生い立ちから学生時代のこと、そして陶芸作家になるまで経緯。
後半は私の作品の製作過程など写真を交えて紹介した。
皆さん熱心に話を聞いてもらい、質問もたくさんしてくれた。
私にとっても久しぶりに過去のことなどを振り返ってみていい機会だった。

今回の個展は、いつになくイベントが続いて忙しかったけれど充実した会期になった。
一方でお客様のしっかりした手応えもあり、東京という大都市の胃袋の大きさを感じた一週間だった。
















by kaikaisei | 2016-04-27 13:01 | 日記

4月 某日 東京個展

渋谷「炎色野」での個展も気がつけば5日目。
明日が最終日。

渋谷への出勤前に出光美術館に立ち寄る。
開館50周年を記念した収蔵品展をしていた。
昨夜のボブ・ディランの声に錆かかった心が
磨かれたようで網膜の映り方が違うような…気がする。

b0041520_13461549.jpg


この美術館の楽しみは陶片の展示室だ。
染付や白磁のカケラにいろいろなイメージが膨らむ。

b0041520_13545635.jpg


今日は朝から快晴。気温は高いが湿度も低く
爽やかな風も吹いて気持ち良し!
ラン日和なり。

b0041520_13461547.jpg


明日の最終日は午後3時までなので、 御注意を。

b0041520_13461638.jpg








。。








by kaikaisei | 2016-04-26 12:55 | 日記

4月 某日 鍋敷き

b0041520_20094251.jpg


先日、木工作家の長尾さんとの共作(コラボという言い方はキライ)した鍋敷きの試作品が完成した。
今度の渋谷での個展に出品する予定。
鍋敷きには勿体無い出来栄えでそのままインテリアになりそう。






by kaikaisei | 2016-04-20 20:05 | 日記

4月 某日 カレンダー

忘れてはいけない日付けになるだろう。
そして、今日のカレンダーの名言が心に響く。
b0041520_21272952.jpg







by kaikaisei | 2016-04-16 21:19 | 日記

3月 某日 花見

b0041520_22444613.jpg

今年も一人花見。












by kaikaisei | 2016-03-28 22:42 | 日記

3月 某日 ベス単 2

b0041520_19581416.jpg


息子の友人からもらったカメラは今から100年前のカメラだった。「ベス単」の名前は知っていたが実物に触れるのは初めて。

大型の木製のカメラが主流な中、1912年(明治48年)、イーストマン・コダック社が発売して1925年まで、改良されながら製造販売され累計180万台を売ったというコンパクトカメラの元祖。

ベスト(vest)のポケットに入るサイズで、レンズはメニスカス式単玉。初期ロールフィルムを装填する。略して「ベス単」と呼ばれて親しまれたんだね。

パコパコとレンズボードを引き出して1本足で据える。
その佇(たたず)まいがなんとも美しい。




by kaikaisei | 2016-03-27 19:54 | 日記

3月 某日 卒園式

b0041520_08170051.jpg


卒園式の花を活ける壺が欲しいと、御近所の保育園からの依頼があった。
最近の染付や白磁では良いものがなくて、私の信楽焼き修行時代の壺を選らんで頂いた。

将来に不安を抱えつつも漠然とした期待もあった、あの頃を思い出す作品。少し名残惜しかったが卒園式には相応しいかもしれない。

桐箱を届けにいくと明日の本番を控えて立派に花が活けられていて、何だか誇らしげであった。







by kaikaisei | 2016-03-26 08:14 | 日記

3月 某日 ベス単

b0041520_13102632.jpg


今年 高校を卒業する息子の同級生が私に渡したいものがあるといって訪ねて来た。
中学生の頃、フィルムカメラに興味を持っていた彼に私の持っていたカメラを貸してあげたことがあり、その御礼をしたいという。
聞けば来週は就職先の東京に行くので、挨拶も兼ねてらしい。
おお、義理堅いヤツ。

そしてポケットから取り出したものを見て驚いた。
「ベス単」ではないか!






.



by kaikaisei | 2016-03-24 13:08 | 日記