カテゴリ:日記( 831 )

2月 某日 共作

b0041520_11423716.jpg




一緒に鍋敷きを作りませんか…というアイデアを染織家の原田豊美さんからもらった。
今日は試作品を見てもらいに美咲町のアーツ&クラフツ ビレッジを訪ねた。

木工作家の長尾泰典さんに見てもらって木枠をつけてもらう段取りだ。絵付したタイルを見て長尾さんもいろいろアイデアをだしてくれた。
初めての共作の試み、完成が楽しみだ。







by kaikaisei | 2016-02-23 11:37 | 日記

2月 某日 マイフン

b0041520_20141115.jpg


陶芸家の堂下了一さんの夫人、恵津代さんに注文していた褌(フンドシ)ができあがった。
女性用の褌を専門に作っていた恵津代さんがついに男性用を作るというので早速予約したのだ。
それで私の選んだ二本がコレ。
弁柄染めを施したヘンプコットンで縫上げた逸品。
渋い色合いに紐の麻の葉模様がオシャレ。

ひとのフンドシではない、マイフンドシ。
褌の紐を締めていく!
漢も褌だ(笑)






by kaikaisei | 2016-02-19 20:07 | 日記

2月 某日 土と岩 I

b0041520_22421824.jpg


午後から鏡野町のギャラリーにMくんの個展を見にいく。Mくんは以前私のところでアシスタントをしてくれていた。
独立してもう7、8年になるか。今回はギャラリーのオーナーから随分大きな課題を与えられたようだ。その期待に答えようと新しい試みをしているが、まだまだ未消化でテストピースのような作品が多い。
いつも何とか使えそうなものを探して持ち帰るのだが、今回は何も無かった。それどころか作品からマイナスのパワーが出ているようだ。何だか暗澹とした気持ちを引きずって、会場をあとにする。

その後は美作市の小学校に焼きあがった絵付け体験の作品を届けに行く。放課後なので子供たちはいないので職員室の先生に預けておく。明日は参観日に教室でお披露目されるだろう。
子供たちの喜ぶ姿が目に浮かぶ。






by kaikaisei | 2016-02-18 22:37 | 日記

1月 某日 出張絵付け体験

b0041520_19482226.jpg


今日は美作市の土居小学校に呼ばれて出張絵付け体験。
3年生の学級Pさんに依頼されての親子教室だ。
会場は理科室。
懐かしい実験器具が棚にならんでいた。

b0041520_19482257.jpg


全員初体験ということで、おっかなびっくりだったけれど、徐々に慣れて親子で楽しい絵付け作品が出来た。
来月の参観日に間に合うように引き渡しを約束する。
焼き上がった作品は私の公式サイトの絵付け体験アーカイブにアップする予定だ。

b0041520_20223488.jpg


帰り道に勝央町のイタリア料理店ピアットノノでランチ。
何度も店の前は通ってきたが入店するのは、今回初めてだ。
店主のN々上さんに私のラジオ番組の出演をお願いしたので、その取材と打合せを兼ねた訪問。
折角だからとランチのコースを頂く。
地元食材にこだわったメニューに満足した。

またギャラリーレストランとしての実績も積んでいるだけあって、展示も行き届いていて料理と共にN々上さんの人柄が伝わってきた。

b0041520_11001956.jpg













by kaikaisei | 2016-01-23 19:38 | 日記

1月 某日 投扇興

b0041520_04015601.jpg


煎茶道の新年会で岡山市のホテルへ。
数えてないが20年以上は続いている私の年初の行事のひとつだ。
初めに初煎会。
今年は私の道具を沢山使って頂いた。
光栄なことだ。
b0041520_03482761.jpg


アトラクションに舞台で投扇興が行われた。
生観戦は初めてだが、私もやってみたくてウズウズしたよ。



帰り道に瀬戸内市立美術館に立寄る。
学芸員のS氏に会う目的もあったが、会期が僅かになった「さくらももこの世界」展が観たかったのだ。
美しい原画が見られて訪ねた甲斐があった。

たまちゃんのお父さんのライカM3が本人の遺品として展示してあり感激した。
レンズはズマリットであった。

b0041520_03482885.jpg


S氏と話が弾み気がつくと閉館時間もとっくに過ぎて帰る頃には日が暮れて。。。







by kaikaisei | 2016-01-18 03:42 | 日記

1月 某日 積雪

b0041520_09273872.jpg


暖冬が続いて、ようやくの積雪があった。
といってもうっすらと地面を白くする程度。
こんな雪でも、犬は喜んでいる。
背中をクネクネさせて雪を舐めながら進んでいた。

しばらくは早朝登山は控えて右膝の養生をする。
代わりに上半身を鍛えるべくノルディックランニングを
続けてみようと思う。









emoticon-0100-smile.gif

by kaikaisei | 2016-01-16 09:20 | 日記

1月 某日 準備

早朝から明日の消防出初式の準備にかりだされる。
会場の吉井川河川敷。
草刈機で河原の葦原と格闘して一汗かく。
明朝の本番もこんな晴天になればいいけど、
毎年寒いんだ。
b0041520_20335585.jpg



午後は天気につられてブルーベリーの苗木植え。
これは夏の収穫の準備だ。
今年は苗木を沢山植えてブルーベリー園を作るのだ。

b0041520_20335603.jpg














by kaikaisei | 2016-01-10 20:20 | 日記

12月 某日 アトリエ訪問

b0041520_13263130.jpg



来月、私のラジオ番組のゲストに出演をお願いした美咲町在住の水彩画家 田中佳美さんのところで取材兼打合せする。
b0041520_13263222.jpg


十数年振りに訪ねたお宅には噂に聞いていたドーム型の素敵なアトリエが出来ていたよ。
b0041520_13263264.jpg


田中さんは私が厚木で陶芸修行をしていた頃に出会ったから30年近いお付き合いになる。
当時は将来に不安を抱えながらも生意気な若僧であった私。そんな私が故郷の岡山で田中さんのお仕事の手伝いができるとは思っていなかった。

来月のラジオ収録ではお互いに青春時代を振り返りながら これからの余生について話が出来そうだ。


b0041520_13263211.jpg


帰り際、田中さんが描いた天井画のあるお寺の法堂も案内してもらった。





by kaikaisei | 2015-12-26 13:08 | 日記

10月 某日 最終日

b0041520_12441387.jpg


ハイドンの交響曲に「告別」というのがある。
最後の第四楽章で、楽員が演奏の途中から一人また一人と舞台から去って行き、最後に指揮者とバイオリン奏者が一人だけ残るといういかにも茶目っ気のあるハイドンらしい作品だ。

妹との二人展も本日が最終日。
我が唐子楽団もあんなにたくさんいた団員もいつの間にか二人きり。
「告別」の最後の淋しげな調べが聴こえてきそうだ。









by kaikaisei | 2015-10-27 12:41 | 日記

10月 某日 藍染付展 in 津山 初日

久しぶりの地元での妹との二人展「藍染付展」が幕を切った。
故郷であり日常生活の場である津山での展示会はいつも感慨深い。

「人生は祭りだ。ともに生きよう!」
マストロヤンニのセリフで始まる映画「フェリーニの8 1/2」のフィナーレを思い出す。
初めての独立個展から23年。。。様々な出会いと別れがあった。
それを実感させられる一週間になりそうだ。









.


by kaikaisei | 2015-10-22 23:34 | 日記