カテゴリ:日記( 840 )

ホテイアオイの花!

長男が何処からか持って来た
嫌われ者のホテイアオイですが
とても可憐な花を咲かせた!
私初めて見たよ。b0041520_2114489.jpg
by kaikaisei | 2004-11-04 21:14 | 日記

11月3日 誕生日&表彰式

今日は県展の表彰式。
朝から岡山のエネルギアホールへ。

私の誕生日にこのような賞を頂けるなんて。
本当にうれしいことだ。
これで私も42才だから厄年?
でもこれでしっかり厄も払って貰った気分になる。

敬愛するY口松太先生から、どのような講評を頂けるか神妙に傾聴。
思いのほか、お褒めの言葉を頂き大いに励まされた。
明日から生まれ変わった気持で頑張ろう!?
by kaikaisei | 2004-11-03 21:40 | 日記

10月28日 DM写真撮影

個展もついに開催までひと月を切りましたー!(= =;)
やっとDM用の作品が焼けたので慌てて撮影だ。
今回の個展。DMの制作は作者側なわけです。

撮影に美容室の一角を借りる。
前回の「遊」のDM写真も私が自分で撮ったのだけど
とても評判が良かった分、今回はプレッシャーがかかる。
リバーサルフィルムはホント難しいけど、ばっちり露出が決まれば
デジカメなんて足下に及ばないぞ!
使ったズイコーマクロ50mm/f2も素晴らしいレンズ。
後は腕前だがすべて感頼り……でも1カット使えるものが撮れているといいのだ。

現像に出したその足で昨夜Illustratorで作った原稿CD-ROMを
依頼してある印刷会社に渡した。
ここは幼なじみのT島くんが校正の仕事をしているので
色々便宜してくれとても助かるのだ。

明日の午前中には現像が上がる。心配だけど楽しみ。
帰りにセルフスタンドで灯油をポリタンク6個に詰めて帰る。
まだストーブなんてと思っていたが今朝は暖房が欲しくなる寒さだった。
寒がり奥様はもうこれ以上我慢出来ないだろう。

帰宅後。地元有力紙S新聞主催のチャリティー展示会への出品の催促が来ていたのを思い出す。
見ると明日が締め切り!あわてて染付の皿を一枚荷造りし発送。
まったく冬みたく寒いし、もう歳末助け合いの季節なのか??
(ホントは新潟の被災地に現金を送りたいところ)

ああ年賀状や最近恒例の干支シリーズの準備もそろそろ始めないと。
朝から晩まで慌てて焦りまくる私欲のための一日だった。
これからこんな毎日がしばらく正月まで続くのだ。b0041520_2283113.jpg
by kaikaisei | 2004-10-28 22:12 | 日記

10月26日 ヘトヘトのM永君を相手にソバージュをなびかせ華麗なプレイを展開するM夫人

卓球台を購入してもう3週間経つのであるが
完全にわが工房、美容室のスタッフを虜にしてしまっている状態。
それどころか美容室に来たお客さん。そして隣の幼稚園の送り迎えに来るお母さんまで巻き込んで朝から晩まで大騒ぎである。

一番夢中なのが店長。つまり我が奥様。
購入申請した時のコメントがウソのよう(10月7日記述参照)
奥様、実は中学時代は卓球部だったのだ!
ただしマネージャーだったというから実力は甘く見ていたのだが、
右に左にシュートを打ち放ち我ら工房師弟コンビを翻弄するのなんの……ハアハア((+o+))

年末までに環家杯オープントーナメントの開催も決定し(勝手ながら……)
今まさに盛り上がっている卓球ブーム。
果たしていつまで続くのか?
b0041520_223556100.jpg

by kaikaisei | 2004-10-26 22:39 | 日記

10月21日 チョー大型台風!一過

昨日は、ほんとスゴイ台風だった。
強風で目の前の山の木々がメキメキなぎ倒される様を見て、
流石に今回は身の危険を感じた。
風上の家からトタンやヨシズ、果ては3メートルはある鋼材まで飛んで来て
瓦屋根に穴をあけられた。台風時は不用意に外に出るもんではないこと肝に銘じた。
また夕方からの停電で寝るまでロウソク生活。
子供らにもいい経験になったろう。

午前中は屋根の修理やら掃除片付け。
その後は窯出し。
まずまず焼き上がりでホッとした。個展までにもう一度大窯で焼かねばならない。
頑張って描くのだ。ひたすら! 

午後は裏処理をM永君に任せて、息子小1の参観日に行く。
奥様は予約が入り仕事なのだ。前回も私が行った。
「懇談は出ずに帰れば」というが、学校の様子が知りたくて最後まで参加。
嫌いじゃないのだ、こういうのが。
帰宅したら奥様とお客さん卓球してた(苦笑)

慌ただしく焼き上がったものの中から急ぎの注文を荷造りして発送する。
今回もパレスホテル「遊」さんにはギリギリで迷惑をかけてしまった。
ごめんなさい。

夕食前に40分ほど、奥様相手に卓球。相変わらず完全に弄ばれヘトヘト……。b0041520_21414221.jpg
by kaikaisei | 2004-10-21 21:42 | 日記

10月18日 大窯、窯詰め終了

予定より大幅に遅れたが窯詰め作業が終わった。

とは言え、今回はM永君の手伝いがあり、大いに助かった。
早速,火を入れ明日は窯焚だ。
台風の影響が出る前に火を止めたいものだ。b0041520_21262434.jpg
by kaikaisei | 2004-10-19 21:26 | 日記

10月7日 行け!福西卓球部 

昼メシ食べた後の昼休み。オジさん(41才既婚)とイイ若いモン(26才独身)が
手持ち無沙汰にダラダラしているのは何とも不健康。
手軽に出来るスポーツはないかと考えた。

ふと大学時代お遊びでしたピンポンが実に楽しかったのを思い出し、
そこで卓球台を購入の希望を財務大臣に申請
「そのお金でジムでも通った方がいいんじゃない?」とも冷やかされもしたが
寛大なるお許しが出て晴れて本日購入の運びとなる。

こうしてマイ・プレイルームは卓球場となり、我が工房の初めての厚生施設となる。b0041520_22155543.jpg
by kaikaisei | 2004-10-18 22:16 | 日記

10月3日 保育園運動会

晴れやかで誇らしい……いつもと違う緊張感の中。
ひたむきに走り!歌い!踊る!
もうワシらが無くしたものを見せてもらいました。

我が子だろうが他人の子だろうが。
それだけでもう泣けてきた。
ゴメン!ユルくて。

その運動会の午後……。
備前から美研の後輩A井君とI口君が我が家を訪ねてくれた。
岡山で見られなかった県展をワザワザ津山会場まで見に来たんだと。
狭い会場で工芸の展示点数も少ないのに……私の作品を見にか!?ありがとう。

私の工房と展示室で少し話をしてから近所の備前作家W仁さんを訪ねる。
予想通り「備前焼なんてやめんちゃい!」確かに厳しい状況だ今は。
そうはいいながらも、迷い多き二人に愛情あふれるアドバイスをもらい。
奥さんW仁さんの手料理を美味しい酒でいただき楽しい一夜。
二人には今後の刺激になったかしらん?

今度はW仁さんと二人で備前に伺いますからね。
b0041520_20381341.jpg

by kaikaisei | 2004-10-12 20:30 | 日記

10月2日  ガレージ! マイ・プレイルーム

ここのところ、車庫の片付けをしている。
この6月から自宅の一部をリフォームして
奥様が美容室を始めたのだけれど、
当初は一緒に車庫も私の展示室に改装する予定だった。

ところが資金不足と諸事情により頓挫してしまったのだ。マコトに残念ながら‥‥。
しかし、くさってはいけない。
ここは心機一転。ガラクタを整理し広々とクルマを止めやすい車庫にしよう。
と不要なものを廃棄し、使わない棚を運び入れ片付けてみると
思いのほか広大な空間ができたのだ。

そして、閃いた。
今まで置き場所に困り、誰にも引き取り手の無かった巨大なオーディオ装置を
7年振りに、この空間で鳴らしてみようと!
今まで単なる物置だった車庫をリスニング・ルームに変身させるのだ。
欧米では、ガレージってお父さん達の趣味の部屋&隠れ家だったりするんだよね。
展示室は出来なったけれど、代わりにマイ・プレイルームを作るのだ。

そしてスピーカーを配置してみたら、まるでピッタリ計ったように収まった。

仕事の合間に気晴らしに少しずつモノを動かしている。
今日は先日運び入れたレコードを展示棚に納めたら、
これがまたもピッタリ!立派なキャビネットになった。

そしてその棚の上にLPプレーヤー(電源いれたらチャンと動いたよ〜)。
アンプ(ハンダ付けが心配。早速断線発見!)等を並べてみた。
実にいい具合だ。
明日からの配線が楽しみだ。
さて、どんな音を聞かせてくれるか。その前に、鳴るかね!
by kaikaisei | 2004-10-11 20:48 | 日記

9月30日 地元の皆さんにお披露目。

この間の県展岡山会場の初日前日は台風通過で大荒れだった。
そして今日の津山会場初日も台風21号で昨夜はスゴイ風雨だった。

今まで奨励賞2回地域奨励賞2回と4年続けて奨励されっぱなしで
今年は、どーなることかと思ったら主催新聞社から賞を頂いた。
やはり購読新聞を代えたからだろうか?
何にしてもありがたいことです。


‥‥ということで岡山に続いて地元津山会場の開会式に呼ばれた。

会場で審査員のK本先生に「大賞をとるにはどうすればいいんですか?」と聞いてみたらと
「他の大きい賞。県知事賞や市長賞、教育長賞などの大きい賞を2回とれば
委嘱になれるから、大賞はその中から選ばれるんじゃ。じゃけど大賞はなかなかとれんでえ。」
とのこと。「賞状も二つ折りじゃし。トロフィーも立派なんじゃけん!」
別に賞が欲しくて出品しているわけではないけど。
先が長いようなシステムになっているのね。
とりあえず「はあ〜。そんなスゴイもの貰っても飾る場所に困りますわー」と
お答えしときました。

岡山の会場より出品点数が絞られているので、
工芸部門は、私以外は審査員の先生方の作品ばかりで何だか
私の作品窮屈そうでした。

帰り際。招待券も図録も頂けなかったので自腹で両親と奥様に入場券買った。
でも結局仕事で忙しい奥様の券はアシスタントのM永君に進呈することにした。

明日は新見短大で陶芸教室だ。
b0041520_22115747.jpg
by kaikaisei | 2004-10-10 22:12 | 日記