カテゴリ:日記( 858 )

1月13日 テンキーと小津

夕方長男の担任から電話が有った。
長男が下校途中に友達とケンカして相手に怪我を負わせたらしいとので
これから事情を聞きに伺いますとのこと。
帰って来たおりにはそんな素振りもなかったので驚いたが先生とその時の様子を子供に聞いてみる。
彼には彼の言い分があったが、兎に角暴力を振るって怪我をさせたのは良くないことだ。
相手の家に誤りに行くことにした。
本人も納得したので早速三人で出掛ける。
幸い相手も保育園からの友達で気心の知れた子だったし、怪我も引っ掻き傷ぐらいで済んで本当に良かった。玄関先で長男も素直にごめんなさいが言えた。
今まで学校では何かといじめられることが多かったけれど、ついに今度は反撃でたのか?
親として複雑な心境だが相手の子はどちらかと言えば気が小さくて弱い子だ。
そういう子に力を向けるのはとても関心出来るものではない。
これから良く教えて行かなければと思った。

夜はしばらく休んでいた映画鑑賞講座にでかける。
私の敬愛する映画の師、洋画家のK野先生が隔週で推薦の世界の名作(時には珍作もあり!?)を上映し皆で鑑賞しようというものだ。御年84才を迎えた先生がオススメの映画だから、戦前戦後のモノクロ映画がほとんど。「今回は新しいです」と言っても20年程前だったりする。毎回なにが上映されるか事前の知らせがないので、行ってみなければわからない…という趣向だ。

そのまえにデオデオに先日かったテンキーパッドを返品しに行く。
今年から確定申告ソフトを導入したのでカミさんが最近このPowerBookで入力作業をしているのだけれど数字の入力がし辛いのでテンキーパッドを探しているのだ。
しかしMac対応機種がなかなか無いのだ。
Win対応は山のようにあって選り取り見取なのに!
わずかにあったMac対応のものを二台探して来たけれど,結局どちらも反応無しだった(涙)Macは本当に不便だ。がいいのだ!
誰か使えるものをご存じないか?しょうがないのでネットで探すことにして、
返品したお金でかねてから欲しかったPB用のキャリングケースを買う。

そして久し振りに社会保険センターへ。本日の上映作品は小津安二郎の「戸田家の兄妹」(1941年制作)だった。
まさに大東亜戦争が始まった年。小津が中国から復員してから久し振りに制作されたものだそうだ。
まさに戦時下。それにも関わらず勇ましい戦意高揚もなければ、ましてや暗い影もない。
いつもの静かな小津の描く古き良き日本の日常的風景が淡々と映し出されているのだ。
戦後の「晩春」以降「東京物語」などの作品は何度か見て来たけれど、
もう戦前から既に「小津調」と呼ばれる独特のカメラワークが、この頃には完成していたことに驚く。

そして60年以上たっても描かれる家族の問題はちっとも古くない。
とは言え切実であるはずの親子の絆。今の少子化社会から見て、五人兄妹をめぐる物語はあまりにも遠い過去の家族の姿なのか?
60年という歳月を経て、今の日本が無くしたものと同時に変わってないもの。
その両方を見せてもらったような映画だった。
使われる日本語も美しいんだな…。
ご機嫌よろしう。ごめんあそばせ。
by kaikaisei | 2005-01-15 22:46 | 日記

1月10日 「お父さん」した日

昨夜突然長男が回転寿司が食べたいと言い出したので、冬休み最後の休日皆で出掛けることに。
「回転」で腹ごしらえしてPIXARの新作「Mr.インクレディブル」を観に行った。
(最後まで「ハウルの動く城」と迷ったが…)
家族で外食して映画を観る!なんて久し振りのことだ。

次男に食物アレルギーがあって我が家では家族揃っての外食の習慣がほとんどないのだが
カミサンも仕事が丁度休みということもあって、普通は嫌がる外食も寿司なら…という気になったよう。
次男は今のところ卵がダメなのだ。
そして今の子にとっては(ウチの子だけ?)寿司やは回転しないとダメなようだ。
普段は余り食べない長男小1も結構食べて満足した模様。
美味しそうに食べてる子供らを見ているだけで幸せな気分になってくる。

映画の方は…今回のPIXAR作品。初めて人間が主人公。
とにかく良く出来てる。感嘆する。
「ハウル」が見たかったカミさんだが「DVDでたら買おう!」宣言。

デフォルメされた人間とリアルな実景が違和感なくなるのは、
CGの技術とキャラクターの設定の巧みさなのだろう。
また60年代スーパーヒーロー、007映画へのオマージュ。
そして最後は「家族愛」。これには皆弱いよ。
by kaikaisei | 2005-01-10 21:52 | 日記

1月9日消防団デゾメ!

小雪舞うなか早朝より地元消防団の出初式。
ほんとサブかった。
しっかり着込んでいたがゴム長の底から地面の冷気がジンジン凍み上がってきた。
長い式典の後は一斉の放水。
放水係となったので霧状の水を全身で浴びて思わず勤行してしまいそうになった。

しかし式典のなかで…何人もの関係者の挨拶があったが
台風被害や火災への言及はあっても
中越地震やスマトラの津波についてはだれもふれなっかたのは何故?他所のことなのか?
もしここであんな災害があったとき生き残ったワシらに
どれだけの期待がかけられ
どれだけの仕事ができるのだろう。
君が代を囁きながらふと不安になった.

午後は団の皆と焼き肉をつつきながら新年会。
たらふく食べた。半年は焼き肉は食べなくていいだろう。
by kaikaisei | 2005-01-10 00:04 | 日記

1月8日岡山へ

早朝クルマで出発。岡山へ。
天満屋にて院展を鑑賞す。
なかに典型的な花鳥風月に止まらない時代の不安感閉塞感を反映した作品があることに
ただキレイ!ウツクしい!だけの工芸界にない強いメッセイジ力を感じた。

特にH山画伯の「キリストとマホメットの仲を仲介するブッタ氏の図」
そのストレイト単純明快な発想故に失(笑)しそうになったが
確かにこれ以上の今の日本人に皮肉を込めて訴える作品は無いだろう。
さすがH山画伯だ!

午後は市内ホテルにて煎茶道の新年会に参加。
眼福の後の御馳走。今日はシアワセな一日だった。
福引きで茶入れを頂く。今後の良い資料が出来た。b0041520_22273967.jpg
by kaikaisei | 2005-01-08 22:28 | 日記

1月6日 謹賀新年

本年もよろしく御願い申し上げます。

わが工房。そしてカミさんの美容室と今日から仕事始めであります。

朝から昨日本焼きしたものを窯出して初荷だーい!!(祝)
M永君今年もよろしく頼むよ!
と。昼飯後は早速卓球も打初めもする。
美容室も朝からお客さんが来られ、ありがたいことだ。

今年は個展を3回予定しています。
そのスケジュールについてはカテゴリの欄を御覧ください。
(ただ日程が決まっているのは初めの一件のみですが)

年頭の言葉としては……。
〈今まで積み重ねてきた仕事をさらに深め、一方で新しい試みにもどんどん挑戦したい〉

今年はこれでまいります!
by kaikaisei | 2005-01-06 23:16 | 日記

12月最後の日

インド洋での津波のニュースを聞きながら
この大晦日まで干支作品の出荷に追われる。
自然の猛威の前で我々人間の存在の如何に小さいことか……。
明日は何が起こるか?
私らはただ毎日悔いの残らない様一生懸命生きるだけしかない!?

午後にはなんとか発送に間にあわすことができた。
そして簡単に仕事場の片付け→小掃除だ。
夜は紅白もそこそこに疲れ果てて寝る。

明日の元旦はいきなり書初め(描初め?)=仕事始め。
つまり年内間に合わなかった素焼に絵付けして窯詰めの準備なのさ。
ホントの正月は二三日先までお預けだ。
b0041520_21143793.jpg

by kaikaisei | 2004-12-31 22:04 | 日記

12月22日 陶芸教室忘年会

私の陶芸教室は現在生徒が4名。小さな教室であります。
今日はその陶芸教室が今年最後の日ということで早めに切り上げ白昼の忘年会をする。
M永君も交えて工房の忘年も便乗。

教室の皆さんには今年作った自作の器に手料理を盛り付けて持ち寄るというのが
ウチの忘年会のシキタリで、私も5時半に起きてビーフスチュウを仕込んだのだ!
皆さん主婦だから実に手慣れたもの。
(M永君はお母さん作だったが…器は自作。まあ独身だから許す)

それぞれの手料理のウンチクを聞きながら美味しく頂いた。
そして食後はみんなで卓球大会。大いに盛り上がったのさ!
実に健康的な忘年会であった(笑)
b0041520_2343164.jpg

by kaikaisei | 2004-12-22 23:06 | 日記

12月21日 今年も……。

今年の新見短大の地域文化演習「陶芸」講座も先日無事終わった。
40人近い学生相手にどうなることかと心配したが
学生達はそれぞれに焼き上がった作品にとても満足してくれたようで嬉しかった。
ひとりひとりの感想を聞いていると、
自らの手でモノを作ったという喜びがよく伝わってきた。
彼らの純粋なヨロコビ!私も取り戻さなければ!!と思う。

さて、気が付けば今年も十日あまり。
干支シリーズの仕事もそろそろヤマ場だ。
何とか年内に片付けたい!

年賀状の宛名書きもようやく始めた。今年は間に合うか!?
by kaikaisei | 2004-12-21 00:00 | 日記

12月10日 短大陶芸の日

個展から帰って来てはや一週間。
疲れを取る間もなく慌ただしい日々の生活に戻っている。
個展残務処理。年内期限の注文仕事いくつか。干支シリーズ。手刷りの年賀状。
次の個展の準備。等々……。
大晦日まで追い立てられるのだ。

その1つ新見短期大学の陶芸講座。
非常勤講師のお仕事は本日はいよいよ最後の行程「絵付け」であった。
38人+先生1名に、細かく数は数えていないがおそらく
総数300点近い素焼きの作品に絵付けをしてもらった。
時間も午後の2コマを続けて3時間半をもらったが
果たして時間内に終わるか大いに心配していた。

ところが予想に反して学生達の手が思ったより早く
最後は皆で手分けして後片付けまで出来たので、
担当教官のM中Y村両先生共々驚いた次第。
間に合わないことを考えて年越してからの補講まで
考えていたほどなのに……。

さてこれらの作品を慎重に箱詰めして持ち帰るのだ。
後は施釉窯詰めの作業が待っている。M永君よろしく頼んだぞ!

来週の同じ時間は焼き上がった作品を前にして講評だ。
やっと慣れて来た学生とも来週でもうお別れと思うと少々さびしい。
b0041520_2211883.jpg

by kaikaisei | 2004-12-10 22:12 | 日記

11月28日 二日酔いの一日

        和室に着物。そして私の染付……決まってる?!
b0041520_224551.jpg

昨夜は館長のO根さんと今回の雄渾な!字で看板を
書いて頂いた日本画家のM木さんと三人で飲んだのだ。

といっても痛風というM木さんは運転手で(カワイソー!)私と
O根さんで飲みかつ食べたのだが、兎に角豪快なO根さんに圧倒された一夜だった。
楽しくて気が付けばA部山荘に帰ったのは12時近く。
M永君は風呂を沸かして待っていてくれたが眠気と酔いで風呂も入らずダウンだ。
朝になって上着を居酒屋に忘れて来たことに気が付く。
上着を忘れてコートはしっかり着て帰ったのだ(苦笑)記憶もアヤフヤ。
焼酎のお湯割り何杯呑んだのか?しっかり二日酔いで久々に飲んだねーこんなに!

今日も快晴。紅葉が映える。
お母さんと一緒に来たO益君が新品の卓球ラケットをプレゼントしてくれた。
ラバーも貼ってくれ感激感涙だ。
夜は町田のイトコの家で夕食をご馳走になる。
青葉台にはもう何年も前から来ていたがいとこの家がこんなに近いところにあるとは
思ってもいなかった。
by kaikaisei | 2004-12-03 22:09 | 日記