カテゴリ:制作の現場から( 168 )

2017年 干支作品 制作日記 10

b0041520_22012142.jpg


窯出し。
今年こそゆとりを持って仕事を進めてきたが、
結局年も押し迫っての完成となってしまった。

b0041520_22012219.jpg


桐箱に納めてから、発送配達作業に入る。













emoticon-0100-smile.gif

by kaikaisei | 2016-12-27 21:53 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 9

b0041520_22443440.jpg

身と蓋、それぞれ中に釉薬を掛けないように
空気を溜めて外側だけ透明釉を掛ける。

b0041520_22443522.jpg

内側は白磁乳濁のマット釉を流し込む。

b0041520_22443530.jpg

蓋に付くオンドリとメンドリは小さいので
ピンセットで挟んで施釉。

b0041520_22443758.jpg

身蓋のウケ部分に塗ってあるマスキングゴムを
剥がして、アルミナ溶液を塗る。
ここでも釉薬と区別が出来るように
墨汁で着色してある。

b0041520_22443743.jpg

身蓋を重ねて、上に夫婦鶏を据えて
ようやくの本焼き焼だ。
b0041520_22443837.jpg
















^_^
by kaikaisei | 2016-12-26 22:19 | 制作の現場から

2017年 干支作品 製作日記 8

b0041520_21275875.jpg


骨描き(線描き)の次は、呉須を薄めた濃(ダミ)を差していく。
単調にならないように濃淡を作っていくのがコツかな。

b0041520_213205.jpg


局面なので角度に気を遣いながら、
表面を手で触れないように濃を差すのが苦労するところ。

b0041520_21324362.jpg


鶏のトサカには赤く発色する真紅という絵の具を使ってみた。

b0041520_21332427.jpg


色が入ったら途端に鶏らしくなった。

b0041520_2133328.jpg


絵付け完了。
次は最後の工程、釉薬を施して窯詰めだ。



















by kaikaisei | 2016-12-17 21:43 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 7

b0041520_23430755.jpg


絵付けに入る。
下書きにしたがって、骨描き(線描き)をする。
先ずは唐草の枝から。

b0041520_23430827.jpg


花なのか実なのか…判別出来ないが、描く。

b0041520_23431084.jpg


後の空白を唐草模様で埋めて行く。
サインを入れて、骨描きは終わり。

by kaikaisei | 2016-12-12 22:51 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 6

b0041520_19462550.jpg


素焼きができたので、絵付けの準備。
先ずは蓋と身との合う「き」の部分をマスキングする。液体ゴムは乾くと透明になるので、墨汁を加えて視認し易くしている。

b0041520_19462608.jpg


シャーペンで簡単な唐草模様の下書き。
身と蓋と模様が連続するようなっている。

b0041520_19462633.jpg

ゴムを塗ってから「き」を重ねると癒着してしまうので、窯詰めまで重ねることはできない。
次はいよいよ絵付けだ。


by kaikaisei | 2016-12-07 19:28 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 4

b0041520_20224602.jpg


程よい固さになったので仕上げの削り。
身と蓋の口径を正確に合わせる為にノギスを使う。
金属製だと器胎を傷付けるので軽いカーボン製が重宝する。
b0041520_20224707.jpg


キ(受けの部分)を削り出して蓋と合わせて微調整する。

b0041520_20224855.jpg








.

by kaikaisei | 2016-11-20 20:16 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 3

b0041520_11123977.jpg



削り作業。
まだ柔らかい状態だが、ここで荒削りをしておかないとキレが入る。

このあと身と蓋の寸法を合わせるためには乾燥ムラをさけなければならない。
木箱にいれて、ゆっくり乾燥させてから、仕上げ削りをする。










by kaikaisei | 2016-11-19 11:08 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 2

b0041520_16425893.jpg


香合本体の水挽き。
身と蓋を別々に挽く。
写真は蓋の方。
30個の限定制作を目標にする。












by kaikaisei | 2016-11-15 16:40 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 1

b0041520_13311939.jpg


年賀状の販売が始まったり、クリスマスの飾り付け、おせちの注文、と今年も早くも年末年始の仕度の始まりだ。
こちらも恒例になった干支作品の制作過程を御覧いただこうと思う。
十二支も二巡目に入って去年から香合をテーマにしている。来年の干支は「酉」、トリ…ニワトリ。

先ずはスケッチをして構想を練ってみる。
先ずはここから。



















.
by kaikaisei | 2016-11-08 11:29 | 制作の現場から

工房見学 グラヴィール編

 先月長野で二人展をしたグラヴィール作家の花岡さんの御宅を訪ねた。
その折、仕事場でグラヴィールの製作を見学させてもらった。
グラヴィールという技法は吹きガラスなどと違って日本では数人の作家がいるのみとか…。
実際に製作するところを目の前にする機会は珍しいので紹介しよう。

b0041520_2238830.jpg


これが研磨の道具!
本来は銅のホイールに研磨剤を塗り付けた道具を使うそうだが、
花岡さんは研磨能力の高いダイヤホイール(ダイヤモンドを含んだホイール)を多用しているそうだ。
あ。歯医者さんのツールとそっくりだ(笑)

コップに簡単に下書きしたあと。
絵筆を使い分けるようにマシンにホイールを差し替えながら削っていく。
上部のゴムホースから接触部分に少しづつ水が滴り落ちているので粉が散ることも無い。

b0041520_2238417.jpg


当然反対側から透かして見ながら、作品を動かして彫り込んでいくのだからスゴイ技術だ。
傍らから見ていて製作の苦労に納得したが
「福西さんの仕事も大変でしょう!?」と同情されてしまった(笑)

ルーペを使い初めて仕事が以前よりも繊細になったというのは、私も同様。
見え過ぎて細かいところが気になってしょうがなくなってくるのだ(笑)

b0041520_22375513.jpg


削り作業のあとは、仕上げに目のところなど磨きを掛けて質感を出して完成。20分程だ。
糸トンボの完成。
羽の脈はもちろん足の細かいトゲトゲまで彫り込まれている!

「奥さんのお土産にどうぞ〜」と包んで下さった。なんと〜!感激だ。

下書きされて彫りを待つ作品。
b0041520_2238024.jpg

by kaikaisei | 2013-08-20 22:46 | 制作の現場から