カテゴリ:遊ぶ( 19 )

古帛紗

b0041520_1017264.jpg


先月、お香研究家の浜村さんのワークショップに参加した。
お香であれば練香のようなものをつくる体験をするのかと思っていたが
天然染料を使って絹地を染めて茶道に使う古帛紗(こぶくさ)を仕立てるというものだった。

生地を二つ折りにして三方を縫い合わせて一枚の帛紗を二枚仕立てた。
中学の家庭科以来の針仕事で苦労したが先生や参加者の皆さんに助けてもらってどうにか形になった。

b0041520_1017936.jpg


それを二種類の天然染料で染めたのだけど、折角だからリバーシブルにすれば便利で面白いだろうと洋裁の心得のある母にもう一度仕立て直してもらった。
気軽に注文を出してしまったが、几帳面な母も苦労したようで漸くそれが完成した。

b0041520_10164090.jpg



仄かな紅色が茜。はんなりとした薄黄色がミロバランだ。
材料のミロバラン(和名:訶梨勒)と茜。
昔から香料や漢方薬として使われたものだが、
邪気払いに貴族や僧侶の衣服の染料としても使われていたそうだ。

b0041520_10164555.jpg


それぞれに自作の染付香合と水滴を据えてみた。
やはり天然の色合いに優しく包まれたようで我が作品も喜んでいる。
眺めているだけで心が安らぐ。
これも一つの薬効に違いない。
by kaikaisei | 2014-09-20 10:24 | 遊ぶ

プラナリア

b0041520_2337782.jpg

私が図書館から借りてかえってきたプラナリアの本を読んで、
次男小6は俄然興味が湧いたらしい…夏休みの自由研究にするという。
水質の良いことの指標になるような生物だから、
余程環境に恵まれたところでないと採取出来ないらしい。

そこでクルマを走らせて山中の渓流に分け入り、
あちこち石をひっくり返して探してみたが結局見つからなかった。
見つからないとなると尚更気になる。
どうしても捕獲したい。

そこでトラップ(罠)を仕掛けることにした。
by kaikaisei | 2011-07-29 23:39 | 遊ぶ

カメラ修理(FUJI GS645S Pro編 その3)

b0041520_2331888.jpg

ピンセットで挟んでいるのがレンズの繰り出し量をボディのファインダー部に伝える連動ピン。
ここのグリスが粘って動きが悪いことが判明。不具合の原因と診た。
ベンジンを流し込んで洗浄してから注油。
今度は大丈夫だろう。
なんとか配線も無事に組上げることが出来た。

FUJINONレンズの実力はいかほどか?
試写が楽しみだ。
by kaikaisei | 2007-05-21 23:05 | 遊ぶ

カメラ修理(FUJI GS645S Pro編 その2)

b0041520_22315650.jpg


今回は軍艦部に異常なし!ということで思いきってレンズボードまで外してみる。
ボディーと繋がるワイヤーとケーブルに気を付けながら。。。

軽量ボディーとはいっても流石に基幹部は、しっかりとダイカストで作られているのがわかる。
ついでながらファインダーブロック等の出来も手抜きが無い。
当時の定価は11万5千円というから国産としては上級機だ。
by kaikaisei | 2007-05-20 22:44 | 遊ぶ

カメラ修理(FUJI GS645S Pro編 その1)

b0041520_074685.jpg

久し振りにカメラの修理をやってみようと思う。
忙しく仕事しなければならない時に限って、無性にこんなことがしたくなる。。。
困ったもんだ!

患者は、昨年秋にI氏から頂いたお父上のカメラコレクションの中の一台で
FUJIFILM社製のレンジファインダー機 GS645S Professional

中判フィルム機ということでガタイは大きいけれど外装は殆どがプラスチックで嘘のように軽い。
機動性はいいぞ。
特徴のレンズガードがいかにもプロフェッショナル仕様で心くすぐる。

製造年から23年経って大きな故障はないけれど
連動距離計の二重像が動いてくれないというもの。
目測でも使えないことはないが、ここは気持良くファインダー内でピントを合わせたい!

実は今回二度目の開腹手術。ファインダー部のバネがへたって動きが鈍くなったのかと思い
バネをいじってみたが、その後の経過はよくなかった。

機械式とはいえボタン電池使用、配線やフレキ電気基盤があり気を使う手術になる。
私のような素人が出来る修理もこの辺の時代の製品までが限界だろう。
by kaikaisei | 2007-05-20 00:12 | 遊ぶ

「ねぎぼうずのあさたろう東海道五十三次すごろく」

b0041520_22523034.jpg

コメントでお馴染みのavocetさんから何やら小包が届く。
荷を開けてビックリ。
なんと「ねぎぼうずのあさたろう」の双六(すごろく)ではないか!
私が「あさたろう」のファンであること憶えてくれていたんですね。
先の「あさたろう」のテキストをアップしようと思っていたところに
全く凄いタイミングで驚きました。
ありがとござんす!

子供達は大喜びで頂いた翌日から毎夜就寝前に家族で楽しんでいる。
あさたろうの生まれた秩父郡「あさつき村」のねぎ畑をふりだしに
京都三条大橋まで、途中旅装束の三点セットの
「どうちゅうわきざし」「まわしがっぱ」「さんどがさ」を
集めながら東海道五十三次の旅を競うわけでござんす。

面白いイベントとしては「おひけいなすって、おくんなせぃ」とポーズを決めながらプレイヤーの周りを回るとか、自分の「おとっつあん」のスゴイところを3つ言うとか、なかなか盛り上がる。
何でもかんでも今どきの子供向け書籍って電子ゲームとのタイアップが当たり前のなか
このアナログな双六という遊びがかえって子供達には新鮮なようだ。

以前に購入したもので飯野さんの「豪華版江戸いろはかるた」というものもあり、
これもなかなか強烈な出来で、楽しみながら諺が憶えられて盛り上がるのだ。
どちらも子供向けながら、ついつい大人が夢中になる(笑)
by kaikaisei | 2007-03-19 22:54 | 遊ぶ

ポットはポットでも…。

b0041520_0254813.jpg

去年の干支作品は「酉年」だったので鶏形のティーポットでした。
現在、我が家にはキズものしか残っていなくて、
ポットはポットでも、植木ポットになっています。
これが炭植えには丁度いいのだ。
by kaikaisei | 2006-11-11 00:26 | 遊ぶ

奴らを高く吊るせ!寄せ植え第2弾

b0041520_22483995.jpg


美容室のスタッフさんが欲しいというので作ってみたハンギングバスケット。
(吊るす鎖が邪魔なので古い椅子にのせて撮影)
季節の草花を寄せ植えて秋らしい雰囲気出してみた。
寄せ植え段々面白くなってきた!

さて仕事の方は。。。
窯出しが出来て、作品リストの作成、番号貼りそして梱包。桐箱の仕立て等々。。。
面倒な作業が続くこの二三日がヤマだ。
その合間にまだ絵付けして窯焚こうって言うんだから、
自分でも呆れる!!

現在の作業場は足の踏み場もなく、とてもお見せ出来なーい。
by kaikaisei | 2006-09-30 22:49 | 遊ぶ

携帯用百マス計算機。

b0041520_21493886.jpg


毎日毎日コンがつまる仕事で
脳のシワが無くなるような思いをしている。
特に個展が近い現在は尻から椅子に根が張りそうな状態に
追いやられつつあり、頭がモーローとして来る。

そこで仕事の合間に携帯用百マス計算機で脳の退化を食い止める試み中。
もともと子供に買い与えたのものを借用。

先ずはレベル1の一桁の足し算だが…。
ただ今の最短記録2分27秒。

御覧のように携帯電話よりも二回りは小さくて
慌てるとミスタッチ多くなるのが難。

2分を切るのが目標だが、
答えが2桁の場合3つのボタンを正確に押さねばならず
一問1.2秒ペースはかなり厳しい。
by kaikaisei | 2006-09-18 21:54 | 遊ぶ

シンペイ(simpei)をご存知か?

b0041520_22522973.jpg

一年程前にバンダイから発売になった新しいボードゲーム。
これが我が家でブームなのだ。
朝な夕な「シンペイやろう!」が合い言葉になってる。

○×ゲームっていうのかな…縦横斜め3つ先に並べたら勝ちというアレ。
アレを進化させたようなゲーム。
面白いのは相手のコマを自分のコマで挟んだら好きなところに飛ばせる。
またボードが上下の世界、つまり二層になっていて複雑化している。

それに「瞬間決着」ゲームとうたっているだけあって
勝負が早いのがいい。
コマの数も赤青それぞれ4個だから
チョット気を抜くと3、4手で負けたりする。
だから忙しい人にはうってつけで、4、5分もやれば大熱戦だ。
ルールはいたって簡単。
シンペイ(simpei)は考案者高橋晋平氏の名前からとったものらしいが
誰もが楽しめる「simple」なゲームという意味も込められているらしい。
なるほど大人の硬い頭では柔軟な頭脳の子供には簡単に勝たせてもらえない。

購入前から雑誌の記事で必勝法を見て、
ネットゲームで腕を磨いた子供らは、悔しい事になかなかの腕前なのだ。

御興味のある方。試しにいかが?
yahooのゲームサイトでも無料で遊べるのさ。
by kaikaisei | 2006-05-18 23:01 | 遊ぶ