<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ニッポン男児は雪駄と下駄じゃ!!

先日の黒谷の家「お雛あそび」で出店していた伊賀上野の履物屋さん。
お好みの台と鼻緒を誂(あつら)えることが出来るという趣向。
鼻緒も足に合わせて絞め加減を調整してくれるんだから
世界に一つだけのマイ履物が出来るんだ。素敵でしょ?
去年は奥さんの「ぽっくり」を誂えたんだけど
b0041520_21315488.jpg

今年はワシのハレとケの履物を誂えた。
男物だから御婦人みたく、華やかにはいかなかいけれど
誂える楽しさ、江戸の粋とはこのことでい!

b0041520_21295488.jpg

左は茶会用にフォーマルな雪駄。
鼻緒はネクタイ生地でシックなもの。

右は普段履きの下駄よ。
鼻緒の縞紋、粋っしょ!

今から履き下ろすのが楽しみじゃ…。
by kaikaisei | 2006-02-28 21:35 | 日記

今年も先ず咲く!

b0041520_21342316.jpgやはりマズサク庭のマンサク。
でも今年はいつもより、蕾が極端に少ない。
10分の1位か?

それでも春の兆しには違いない。
by kaikaisei | 2006-02-27 21:37 | 日記

いいな!バウアー

皆さんに御心配頂いてた液晶のテレヴィ。
なんとかトリノのフィギュアに間に合って取り付けられた。
もう昨日の朝から奥さん何度も繰り返して金メダルシーンを御覧になっている。
飽く事無く…。

みなさんウットリ&熱く語っているようですが
私だけなのか?眼のやり場にこまるっていうの。
もうペアなんて恥ずかしくて、子供と一緒にテレヴィ観れません(汗)

あんなに生肌を露出させ男女も密着!おみ足おっぴろげて大和撫子がいいのでしょうか?
ワシは解せん!全てが欧米の価値観だ。
世界には御婦人は顔さえ人目に晒せないという国があるというのに。
たとえば回教の人からみれば、最早、堕落した我らは人間扱いはされない。
百年前の日本もそうだったのよ!

b0041520_2325957.jpg

テレヴィ壁に取り付けたので付属のスタンドが不要になってしまった。
アルミダイキャスト製の立派な物品。
このままでは使いもしないのに、またゴミになる…。
なんとか使い道はないものか?
う〜〜ん。しょうがないから取りあえず!イナバウアーして遊ぶ!くうぅぅ。。。
by kaikaisei | 2006-02-25 23:29 | 日記

今年も黒谷の家で「お雛あそび」


明日から始まる黒谷の家「お雛あそび」への賛助作品搬入のため
午後より岡山市郊外黒谷に向う。
第一回目から声を掛けて頂いてもう五年目になる。

もともとK野夫妻の自宅として古民家再生された「黒谷の家」。
年に一度オープンハウスされて沢山の方(主にご婦人方だが!)が
足を運ばれるのが「お雛あそび」の会だ。

ついでに届け物があったので、先月二人展した倉敷の工房ikukoへ。
おお。ここでもお雛さまの展示会。美観地区をあげてのイベント「倉敷雛めぐり」に
あわせた企画のようだ。

この季節あちこちでみられる「お雛様」企画だが。
御婦人方、いくつになっても気持は「少女」なんだねえ!
端午の節句はこんなには盛り上がらないぞな。。。
金メダルも穫っちゃうし、御婦人パワーに押されっぱなしのニッポンだ。

      ↓黒谷の家「お雛あそび」DMです。

b0041520_21323546.jpg

by kaikaisei | 2006-02-24 21:56 | 日記

ひとりアーバンサックス!

ヴィデオテープを整理していたら懐かしいヴィデオが出て来た。
アストル・ピアソラとアーバンサックスの二つライヴ映像を収めたもの。
久々に観てどちらも聴き惚れたねえ。

91年だから今から15年前か。ピアソラも健在だったんだ。
アーバンサックスは汐留での大規模なパフォーマンス。
(91年汐留といえば、あの大仁田と後藤のノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチがあった直後だ)
当時は操車場跡だったけど今は様変わりしてるんだろうなあ…。
という昔年の感慨に耽りながら。
公式サイト(Quick Time要)で演奏観れます。
b0041520_23324242.jpg

さて写真。
この間の我がスウィングバンドの練習にY君が持って来て皆をビックリさせた物体だ。
何だと思います?
実はこれ最近開発されたアルトサックスの消音器なんだって!
中にはご自慢のセルマーが入っている。
つまりマウスピース部以外をスッポリとケースに納めて
ゴムのパッキンのところからグイッ!と手を突っ込んでキイを操作するというのだ。
音はアンプを通してヘッドホーンで聴くらしい。欲しい人!詳しい画像と仕様はココ
これはスンゴイ!ここまですればご近所迷惑はないのね?
いい楽器買って、こんな消音装置まで買ったら
もう「上手く吹けない!」って言い訳出来ねーよY君。


ボディを私に「龍を絵付けしてもらえ!」って他の仲間は言うが、
白い防疫服にマスクでウニョウニョ演奏するサックス集団アーバンサックス。
ついにサックスまでがアーバンサックス化して、これを皆で吹き鳴らしながら
練り歩いたりしたら恐いだろうなあ。楽しいだろうなあ。。。
はやくテナー、バリトン用の消音器の開発を待ちたいもんだ。
(大きくなりすぎて無理らしいけど(笑))
by kaikaisei | 2006-02-22 23:43 | 日記

ホットケーキ記念日

b0041520_22242930.jpg

昨日は次男にとって記念すべき日になった。
生まれて初めてホットケーキを食べたのだ!
なんで?と思われるかもしれないが、我が家にとっては大変な事なんだこれが。

次男は食物アレルギー、アトピーがあって生まれた時からマトモなものが食べられず
ヒエやアワ、キビなどの鳥の餌のようなものからアマランスなんて聞いた事無いような穀物を
食べながら大きくなった(実はスゴイ自然食なんだけどね!)
そして成長するにしたがって、徐々に米、小麦粉、牛乳などが食べられるようになったのだが
最後に残されているのが鶏卵だった。

その次男も四月からは小学校に通い始める。
思い切って朝食にホットケーキを作ってみた。当然卵入り。
奥さんは心配気味で「もし反応が出たら病院連れてってよ!」
「おお。いいよ」って内心ドキドキ。ええい!ままよ!!と…。
本人も「食べてええの?」恐る恐るかぶりついていた。
でも美味しかったらしく完食。
さあどうなるか…。
食後すぐは反応出なかったし、保育園登園後もケロリだったらしい。
本人も嬉しかったようで先生や友だちに
「今朝卵い〜ぱい入ったホットケーキ食べたんで!」と大いに自慢していたらしい(笑)
まだまだ急激な摂取は出来ないが、卵製品に神経をすり減らす思いはしなくていいようだ。

アトピー反応が出ていた乳児時期は本当にシンドイ思いしたけど
ようやくこれで終止符が打てそうだ。
by kaikaisei | 2006-02-21 22:31 | 日記

版画「世界の焼き物」(其の一)

今年からは手描きになりましたが、それまでは、ずっと手刷版画でやってきました。
その古い自作の年賀状をポツポツ紹介していこう。

年賀状で続けていた版画「世界の焼き物」シリーズ。
(世界と言っても殆ど日本と中国ですが…東洋編?)

b0041520_22512470.jpg一番最初の作品。全てはコレから始まった。
この頃は刷るのも100枚位で楽だったんだ(笑)
今となっては貴重な一枚!?

私が独立した年。平成5年(1993)の年賀状。
「古伊万里牡丹唐草紋皿」

郵便番号はまだ5桁。はがき一枚41円の頃。
by kaikaisei | 2006-02-17 22:54 | 版画「世界の焼き物」

五爪の龍。

去年秋の個展でのDMにもした陰陽の龍の陶板。
nさんから「何で五爪の龍じゃないの?」って御指摘のあった爪の件。
能ある鷹(龍か?)は爪を隠すの!って誤摩化していましたが、
次の大阪での個展で、ついに三爪から五爪の龍にバージョンアップします。
中国では皇帝しか使ってはならぬ!とされた「五爪の龍」がついに出来ましたぞ。
皇族の親族でも三爪や四爪だったということだから、いかに格が高い龍か!

そんなヤンゴトナキ龍。粗末には扱えませんから、それに合わせて額装も特注しました。
関西好みにそれぞれに金縁銀縁だ。ごっつう豪華になりましたでえ!

b0041520_22274352.jpgb0041520_2229511.jpg

何にしても指三本より五本の方がやはり自然ですわ。迫力もあるしね。

風水で玄関に飾ると幸運を呼び込むという龍の図。
個展までウチの美容室に飾ってその効果を確認してみませう。
by kaikaisei | 2006-02-14 22:40 | 制作の現場から

生ゴミ機で「トリノ」を観る。

その後S社製の生ゴミ処理機がどうなかったかといえば、
無事めでたく4台目の粗大ゴミとなりメーカーに引き取られていったのである。
販売店には「もうこのメーカーはコリゴリ。他社の製品に交換して欲しい」旨伝えてあったのだが、
しばらく処理機のない生活に慣れてしまうともう要らんわ〜という気持ちになった。
多少手間はかかるが自然なコンポストが一番エコだよエコ。
畑の堆肥にするのにもね。
(生ゴミ処理機で製造した粉砕物は堆肥に出来ないとのこと。そんなことパンフにもマニュアルにも記されていなかったぞ!二台目のマニュアルからいきなり改訂されていた)

生ゴミ処理機なんてな代物はもともと都市生活者の為の家電でしょ?
拙者のような身分のものが使う資格はなかったんだね。
何にしても生ゴミ処理機の購入を考えている人、S社の物には御用心と伝えておこう。

ところで。
もう何ヶ月も前から我が家のテレヴィが映らないのである。
これは、かねてからNHK受信料を払っていないから、
きっと電波の元栓のようなものを閉められたのか?とも思ったが、
なじぇか衛星放送しか映らないのだ(苦笑)単なる地上波のチューナー故障?
何にしても洒落臭い上に害毒を撒き散らすテレヴィ番組が映らないので清々としていたら、
奥さんが「トリノ」というところで冬の五輪があるのでそれが観たい。
ちゃんと映るテレヴィが欲しいというのである。
これは普段苦労を掛けている妻に何か報わねばならぬ…。

そこで生ゴミ処理機を返上してテレヴィを頂くことにした。
さあ!今時だから壁掛式液晶テレヴィでいこう!っていうことになった。
これもS社製だがこの製品は生ゴミ処理機なぞと違いS社の屋台骨だ。
流石にしばらくは壊れんだろう。壊れる?

んで選んだ機種。「トリノ」のためか?店頭に品物が無い。ははは。
しょうがなく壁に取り付ける金具だけ在庫にあったというので
これだけ貰って帰って、さっそく取り付けた。
いつ本体が来てもいいように…ね。
b0041520_232417.jpg

もう「トリノ」が始まって二日目らしいが、観られない。
代わりに金具を眺め暮らしている。
どうです!なかなか味わいのある金具ではないか?
こりゃトリノよりオモシレーや!(涙)

デュシャンか?俺。
by kaikaisei | 2006-02-12 23:05 | 日記

大阪個展案内状作品

来月の埼玉での三人展のDMが出来たと思ったら
もう次の大阪での個展DM用作品の締め切りが迫っている→今週末。
DMはやっぱりドーンと大皿だよね!と久し振りに祥瑞手の大皿を描いている。
一週間近くかかって、ようやく線描きが終わってダミ差しにはいる。
b0041520_2148447.jpg

先日、その個展予定のギャラリーから電話があって祥瑞の大皿を描いている事を伝えたら、
「大皿は、ほとんど売れまへんので、実用的なもんもシッカリ作ってくれはりますか。」との返事。
ちょっとガクッときましたが、DMに湯呑や御飯茶碗じゃちょっと寂しいものがありますよー。
ドーンと大皿で行きますさかい。よろしく!

うまく焼けるといいんだけどねー。一発勝負だよ。
おっと。まだ裏面もあるけんね…ふう。。。
by kaikaisei | 2006-02-06 21:49 | 制作の現場から