<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

6月 某日 くもり時々晴れ 窯出し。

火を止めてユックリ冷まし、一日置いてから窯の戸を開く。
いつものことながら、、、ドキドキの窯出し。
b0041520_22501021.jpg

で。こんなんなりました〜!
真っ白に掛かっていた釉薬の下から絵付けが浮かび上がりました。
そして窯詰めした時より空いたでしょう?
それだけ収縮したというわけ。

今回は、温度が少し高めでヘタリを心配したが
ほぼ全作品が取れて(珍しい!)、ほっと胸を撫で下ろすナリ。

イトジキ部分(高台の接地面)を磨く作業が終わったら
梱包→箱詰め→包装と手間は掛かるが大事な作業が待っている。
なんとか明日には納品出来そうだ。
b0041520_22502541.jpg

新しくこの世に生まれでた私の作品達。
久し振りの陽光に照らされて眩しげだ。
今月から新しいアシスタントが…実は私の妹です。
皆さんヨロシク。
by kaikaisei | 2006-06-27 22:56 | 日記

6月 某日 くもり時々雨 窯詰め点火。

ウチでは大小二基のガス窯を使っている。
大きい窯は小さい窯の8倍の容量があるので
なかなか私のような細かい仕事をしていると満杯にするのが大変。

だから急ぎの仕事はどうしても小窯が活躍することになる。
年間に小窯を約20回焼くのに対して
大窯は3〜4回が精一杯(ほぼ個展の回数だ)

今回、地元企業さんから記念品の大皿の注文を頂いて
今年初めて大窯を満たすことができた。
6月末でようやく初窯。
仕事、怠けているつもりは無いんだが、生産量が落ちているのは否めん。
そこは「量より質」という事で納得して頂きたい。。。

b0041520_22184945.jpg


以前御覧頂いた珈琲碗をアーチにあわせて傾けて詰めたらピッタシ!!
気持よい窯詰めができて、点火。
これから20数時間の窯焚きが始まる。
by kaikaisei | 2006-06-25 22:25 | 日記

版画「世界の焼き物」(其の五)

「伊万里色絵唐子図皿」
犬が2匹いるが戌年ではない。
平成13年の年賀状。
色絵だけあって色数が多く多色刷りに無理があり
一部手彩色なっているのは愛嬌。

b0041520_22395667.jpg

by kaikaisei | 2006-06-23 22:41 | 版画「世界の焼き物」

ガレージのリフォーム!その後

車庫にラティスが貼れた。
なんか雰囲気が全然変わってしまった!
b0041520_224242.jpg

追々ナミナミ屋根も上手く隠してみようと思っているが
次は道路に面した正面シッャター開口部もキレイにするつもり。
しかし現在、今月末締め切りの仕事に追われて
暫くは作業も一時中断だ。
b0041520_224431.jpg
問題の車庫の正面部。
こちらもカッコ良くリフォームしたいところ!
by kaikaisei | 2006-06-21 22:14 | 作庭日記

6月 某日 晴れ   視察(其の二)

我が敬愛する備前焼作家和仁栄幸さんが窯出しするというので出かけた。
長年お付き合いしてきて、かつては窯焚の手伝いもさせてもらった事もあるが
窯出しの現場にはまだ一度も立ち合ったことが無かったのだ。
しかし、今回幸運にも窯出しに声を掛けて下さった。

私の仕事ようなクスリ物と違って備前をはじめとする薪窯の焼締めにとっては
窯焚き窯出しはワクワクドキドキのまさに陶芸家としての醍醐味を感じる瞬間だろう。
ちょっと羨ましい気もするが一瞬の判断ミスで全作品オジャンてな事態もあり得るわけだから
ちょっとしたギャンブルだ。私には出来ない(笑)

今回の窯焚き。この季節柄湿度の影響が心配されたよう。
和仁さん、今回の焼き上がりいかがだったでしょう?
b0041520_0281992.jpg

このあと、窯出した作品はジックリ表面を磨き
そして日本酒を含ませてから会場に並ぶ。

今月末から来月にかけてほぼ一月の間に
大阪。横浜。東京で3会場の個展をこなすという!
和仁さんらしからぬハードなスケジュール。

成功を祈りたい!
そしてお身体を心配する…。
by kaikaisei | 2006-06-18 00:36 | 日記

6月 某日 晴れ   視察。

自宅をオープンガーデンにしながら
草花&ガーデニング用品店そしてカフェを営む「Tree Trunk」に伺った。

ここは、その道の人方には知る人ぞ知るという人気のスポット。
ガーデニングなんてプチブルじゃ!という偏見があって足を運ぶ事も今までは無かった私だが
我が妹とその仲間が行くというのでくっ付いて行ってみたのだ。
自宅の庭を弄るとなれば大いに参考になることがあるかもしれない。

なるほど津山市郊外山間部という立地条件は我が家と変わらないが
別荘風建物が点在していて、あれ?ここ?軽井沢?というロケーション。
(流石にシラカバとテニスコートはないが…)
場所も不便なところだが駐車場は一杯。お客さん(ほとんどオバチャマ)も耐えない様子だ。

b0041520_0475624.jpg

庭はまるでガーデニング本に出ている写真そのまま。
特にこの季節。バラは様々な種類が花を咲かせている。
そして起伏のある敷地を実に上手に利用してある。
何気なく植栽された草木も管理がとても行き届いているのは流石だ。
で。感心するばかりで参考になったかどうか甚だ疑問だがね(笑)


カフェの雰囲気もアカ抜けていてよかった。
お店番はオーナーさんの子息なんだけど
「ぼく植物のこと全然わかんないです」だって…可笑しい。

私もここまで庭に労力を掛けるユトリは無いと知る。

b0041520_0472376.jpg

枕木を利用した立水栓。ナルホドこれは配管しなくていい!
by kaikaisei | 2006-06-17 00:58 | 日記

6月 某日 晴れ 参観日

今日は父兄参観日。
髪結い亭主の出番だ。

長男は三年生。
以前に比べて落ち着きのある授業態度でホッとした。
去年は冷汗が出たもんだが…。
一方、今年新入生の次男のクラスはというと
まだ保育園幼稚園気分が抜けていないのか
先生もまとめるのに苦労している様子。
まだまだ、しょうがないか?
b0041520_22125275.jpg


午後からの親子交流会にも参加して楽しい一日だったけれど、
さすが平日。父親の参加は私だけだった(苦笑)
by kaikaisei | 2006-06-13 22:14 | 日記

版画「世界の焼き物」(其の四)

b0041520_093393.jpg

平成9年(1997)の第5作。
「万暦龍紋蓋付壷」
万暦赤絵のデカダンの香りを
わずか数版の版画ではとても表現出来ませんが。。。
この時、龍を初めて描いたんです。
by kaikaisei | 2006-06-11 00:12 | 版画「世界の焼き物」

そら行け!フクニシ。染付軍!!

明日から独逸で蹴球の世界大会が始まるらしい。
新聞テレヴィそして世間等は大いに盛り上がっている。
でも周りが熱狂すればする程、盛り下がってしまうという損な性格の私。

私はテレヴィの前で青いユニフォーム着て顔にペイント。
ゴールに狂喜乱舞という程の蹴球好きというわけではない。
しかし。福西選手が出場するのなら応援せねばなりますまい。
そしてチームカラーのジャパンブルーとは藍。藍色といえば染付(強引?)
で。私は一人で勝手に染付蹴球軍の福西と呼ぶ事にした。

なんだかとても親近感がわいてきたぞ!
日頃蹴球に関心の薄い私を何処まで夢中にさせるか?
フクニシの活躍に期待したいところ。

b0041520_2227313.jpg
b0041520_22282999.jpg



子供の食べたスナック菓子から偶然出てきた福西選手の「J リーグカード」。
コレが福西?! 笑顔がさわやか…。
応援よろしく。
by kaikaisei | 2006-06-08 22:34 | 日記

正体不明。

アササン(朝の散歩)コースの神社の境内にある不思議な物件。
対にあるところをみるとモダンアートによる狛犬と思われ。

顔が封印されているのは現代の閉塞感を表現していると見たね。
皆さんどう思う?

b0041520_2281751.jpg作品名「オー!」


b0041520_2284274.jpg作品名「イー!」


二匹並んで「阿吽(あ!うん!)」ならぬ「おー!いー!」???

b0041520_2285875.jpg
by kaikaisei | 2006-06-05 22:13 | コレクション