<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

梅雨入り間近か?


雨模様。
「黒法師」の下で雨宿り。
b0041520_2230778.jpg

by kaikaisei | 2008-05-31 22:32 | コレクション

5月 某日 いよいよ(2)

隣町の音楽ホール。
キャパシティは小さいとはいえ、観客席も埋まって
雰囲気よく大阪での本番を想定しての地元お披露目の公演が出来た。
心地よい緊張感も味わえた。

↓これはリハーサル中。こんな感じのセッティングになった。
b0041520_21473714.jpg


公演終了後はメンバーと家族を我が工房に招き、
打ち上げと大阪公演への決起を兼ねたBBQパーティ。
楽しいひと時を過ごした。
b0041520_21482669.jpg

by kaikaisei | 2008-05-27 21:52 | 日記

5月 某日 いよいよ。。。(1)

b0041520_23454613.jpg

我が同級生バンド「スウィング・ミドルス」
来月初めの大阪公演を前にして
地元でのお披露目コンサートが開かれる。

今日は先日仲間達と作った譜面台カバー(正式名称不明)のロゴ部を修正。
細かくやるときりがないので大ザッパな仕上げだが。。。。勘弁。
by kaikaisei | 2008-05-24 23:51 | 日記

山人は山人でも…。

魯山人は陶芸家だけど、津山人とは何か?

わが町、津山の「生活応援情報サイト〈津山瓦版〉」の
「津山人紹介」のカテゴリに紹介して頂いた。

どうやら津山に関わりのある「有名人」に選出されたようだけど
不思議な選考基準です。。。
b0041520_2341451.jpg

by kaikaisei | 2008-05-23 20:22 | ひとりごと。。。

5月 某日 全国大会 in 黄檗山萬福寺(つづき)

普段は経験出来ない他流派の茶席に入って、煎茶の楽しみを再認識。
道具も色々見られて勉強になった。
何よりも煎茶道の総本山、萬福寺での茶席。
煎茶道の歴史を遡る思いだ。

ここ「東方丈」は普段は管主がお使いになっているお住まいの部屋で
床の間には隠元禅師の位牌が飾られているとのこと。
b0041520_8415677.jpg


門前には、煎茶関連の道具屋の露店が軒を連ねている。
「特価!」と値札にはあるが、結構高価な品も無造作に並べられていた。
b0041520_8425952.jpg

by kaikaisei | 2008-05-22 08:53 | 日記

5月 某日 全国大会 in 黄檗山萬福寺

いろいろな全国大会があるが、初めて煎茶道の全国大会に出かけた。
場所は宇治の萬福寺。黄檗宗の総本山。
開祖は隠元禅師である。

毎年、全国から30を越える流派が集まって、
土日の2日間に渡って境内の各所で煎茶席が催される。

今年は同時に開催される煎茶工芸展に作品を初めて出品したところ
思いがけいないことに入選してしまった上に、末席ながら入賞までしてしまった。

本来なら個展前なのでとても京都など行っているユトリは無いのだが
今年は、授賞式とその後の懇親パーティに主席する義務を負ってしまった。

b0041520_2235946.jpg

開ぱん(「ぱん」は木へんに邦.....字が出ない)
中は、空洞。お勤めの時刻になると右壁にブラ下がった「バット」で打ち鳴らされる
尻尾から頭まで3mぐらいはありそうな木魚?!。。。。黄檗山ではお馴染みのシンボル。
b0041520_2236263.jpg

本堂正面では「献茶式」
好天に恵まれて人出も多かった。
b0041520_22364126.jpg

日本では珍しい中国明朝様式の大伽藍のもと
屋外での野点前。。。ちょっと暑そう!
by kaikaisei | 2008-05-19 22:40 | 日記

5月 某日 早速花を植えてみた。

b0041520_21535595.jpg

連休中、小3の次男が良く手伝ってくれて花壇が完成。
本来ならもう少し積みたいところだけれど
美容室にお出でになるお客さんの車を傷付けてはいけないので、
低くめに煉瓦を積んだ。
その代わり壁際に昔紡績工場で使っていた円筒の糸巻きを並べて
高低差を付けてみた。

煉瓦積み初めてだったが面白かった。
普段せせこましい仕事ばかりなので、こういう大きな構造ブツを
作るというのは良いストレス発散になる。

でもテニス肘にはチョットこたえた…。
by kaikaisei | 2008-05-09 21:54 | 日記

5月 某日 煉瓦積み

b0041520_21535232.jpg


頓挫したままの我が家の作庭作業であるが
この連休中に「花壇を作る」ことを目標にした。

でもって。
煉瓦をモルタルで積み上げる工事に着手。
この煉瓦を扱う作業、日中だと暑いうえに、絵付けの作業に差し障る。
というので、日が長くなったのを幸いに夕方から開始。

なにしろ初めての仕事なので、段取りがよくわからん。
煉瓦は日中から水に漬けておくんだった。。。。
by kaikaisei | 2008-05-02 21:55 | 作庭日記