<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月 某日 晴れのち 短大

b0041520_2271848.jpg

新見短期大学での地域文化演習「陶芸」も本日で三週目。
今回はタタラ(粘土板)造りによるマグカップと板皿の製作だ。
教室内の二割に満たない男子学生諸君だが、元気な女子に圧倒されながらも
黙々と作業に没頭している。
今年は例年にない傑作、珍作が出来上がり、楽しかった。

二ヶ月後の次回は絵付けになるので、
全員無事に割れずに素焼きまでもっていかなければならない。
この後の作品管理が大変なのだ。
by kaikaisei | 2008-10-31 22:08 | 日記

10月 某日 曇りのち...

b0041520_21573033.jpg


「シゲコを偲ぶ会」
着ていく服がないのでパーティーというものは極力行かないのだが
今回は偲ぶ会に招待されいそいそと出かけた。
倉敷の工房ikukoの店長シゲコさんの一周忌のこの日が
「手向ける」展示会の初日を飾る「偲ぶ会」となった。

私とは三年前、最初の個展で一週間ほど一緒に過ごしたのが最初で最後のシゲコ体験。
その分その時の印象がとても強く、これから始まるの長いお付き合いを
とても楽しみにしていたのだが本当に残念だ。
深く関わった皆さんの心のこもった会の進行であるほど、
充分関わりきれなかった事が淋しく感じられた一夜だった。

でも私も辛うじて「シゲコ菌」のキャリヤーになれた。喜ぼう!
by kaikaisei | 2008-10-12 21:58 | 日記

地域文化演習 課外授業(2)

b0041520_2210736.jpg
 
湯呑の荒削り。
電動ロクロの中心に粘土で固定してカンナで削る。
b0041520_22113077.jpg

削る前。ズシリと重いよ。
b0041520_2212082.jpg
 
荒削り後。ほぼ高台の大きさまで絞ってスリムになりました。
b0041520_22122236.jpg

一個づつ乾燥から守る為にビニール袋にいれる。
白いのは名札。
一週間が早い。明日は第2回目の講座だ。
(つづく)
by kaikaisei | 2008-10-09 22:16 | 制作の現場から

地域文化演習 課外授業(1)

b0041520_21385729.jpg

今年も始まった新見公立短期大学地域福祉学科での陶芸講座。
開講して5年目。今年も定員一杯の40名が選択してくれた。
4回という限られた回数で陶芸の楽しさ難しさを味わってもらいたい。
同時にある程度の作品も残したい。
そこで「授業」の中では、美味しいところだけを体験してもらうしか無い。

ここでは、持ち帰った学生達の作品にどんな手が加えられているか
学生諸君に知ってもらう為に作業の様子を紹介してみようと思う。
どれ位の人が見てくれるか知らないが。。。

第1回の授業では手捻りで御飯茶碗と湯呑を作ってもらった。
次の授業ではそれらを削って高台を作る事になっている。
ただし殆どが初体験の学生にとって限られた時間内で作業を終えるのはかなり厳しい。

そこで、持ち帰った作品を荒削りしておくことにした。
時間があれば、しっかり削って貰いたいところだけれど
手捻りはどうしても厚みがあるので削りしろが多いから止むを得ない。
(つづく)
by kaikaisei | 2008-10-08 21:41 | 制作の現場から

10月 某日 晴れのち。。。

b0041520_21394424.jpg

猫乗る日。

うちの同居猫。ミミである。
我が家のネコ関係は…飼い主として過分に溺愛もしてないから
彼女から人に媚びることは滅多に無い。

朝晩が冷えるこの季節。
ミミが自らこの季節、ヒトの膝に乗ってくるのは暖を求めてこと。
コタツが敷設されたら人の膝なんて目もかけなくなるからだ。

なお誰の膝に乗ってくるわけではない、
何故か私に限ったことであるのがちょっと優越感。
by kaikaisei | 2008-10-05 21:41 | 日記