<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

5月 某日 巣立ち近し

b0041520_8532161.jpg
電線のツバメ、よく見ると産毛が風にホワホワしている。
どうやら巣から離れたばかりの子ツバメのようだ。
ちょっとにわかバードウォッチング。

時折風向きが変わる度に
危なっかしそうに向きをを変える仕草がカワイイ。

More
by kaikaisei | 2010-05-31 08:55 | 日記

5月 某日 宇治萬福寺

b0041520_1323146.jpg

今年は京都通いが多い。
三ヶ月連続になる。
今回は煎茶道の全国大会。
2回目のエントリーだ。

同時開催の煎茶工芸展に私の作品を飾って頂いたこともあり
地元の煎茶の先生方と一緒に宇治の萬福寺を訪ねた。

More
by kaikaisei | 2010-05-27 13:06 | 日記

「藍屋結家」はアイヤユイヤと読むのか?

b0041520_2045920.jpg


お客様には
今度の渋谷での展示会の案内が
お手元に届いた頃と思う。
御紹介かたがた妹のブログをリンクしたので
御覧頂きたい。。。
by kaikaisei | 2010-05-26 20:08 | お知らせ

5月 某日 窓辺の捲土重来

b0041520_2231170.jpg

毎朝のささやかな楽しみ。
それは仕事場のブラインド開けて、
窓辺に登りつつある蔓植物の生育ぶりを確認することだ。

去年は、フウセンカズラの繁茂の勢いが凄くて、
折角植えたトケイソウやテッセンが土に合わなかったせいもあったのか
アッサリ枯れてしまった。

しかし、今年は立ち枯れてしまったと思っていたそれらの植物が見事に再生!
フウセン…の生育する前になんとか勢力地図を広げようと
枝を伸ばしつつある。
捲土重来とはこのことか?植物の世界も侮れない。

どんな唐草模様で夏の日差しから私を守ってくれるか今から楽しみだ。
by kaikaisei | 2010-05-21 22:05 | 日記

作陶展のお知らせ。

b0041520_2233267.jpg


今年最初の作陶展は東京渋谷の炎色野で。
同所での個展は4回目位かな?
今回はこれまでと趣向をかえて実妹渡辺洋美の藍染め作品を加え
炎色野を藍一色に染めてみようと思います。

折しもサッカーW杯直前。
縁起を担ぐわけではないですが
ジャパンブルーで気持ちを昂らすのもいいですが、
熱い夏に向けて爽やかな旋風を渋谷の町から
そして皆さんもとへと吹かせてみたいものです。

そしてこの二人展はさらに北へ。
7月1日からは会場を変えて、山形の恵埜画廊に巡回する予定。

兄妹これから最後の追い込みに入ります。
by kaikaisei | 2010-05-19 22:43 | お知らせ

5月 某日 工房 on the road

b0041520_21332615.jpg

朝。
バス通学の子供達をバス停まで見送ったあと、近くの鎮守の森に登る。
そのまま山中を散策するのが日課、、、、というか、
日々のノルマになっている。

鳥居をくぐって、ふと気が付いて後ろを振り向いてびっくりした。
鳥居の延長線上に、私の仕事場が見えるではないか?
風水にもパワースポットにも興味がないが、
机に向って仕事している場所が神社の参道上にあるというのは
何だか落ち着かないぞ!

普段はほとんど人気のない神社だからまあいいけれど。。。
by kaikaisei | 2010-05-18 21:34 | 日記

つい言ったー?!

b0041520_2239426.jpg

twitter。
何が流行の理由か、何が面白いのか?
さっぱり判らん。
そこで、ものは試しと始めてみた。

当然正しい使い方というものも、よく判らないので、
とうぶん個人的な「つぼやき」(つぶやき+ぼやき)ばかりだけど
しばらく続けてみようと思う。

つきあってみたいという方はkaikaisei で検索してみて。。。
by kaikaisei | 2010-05-15 22:41

5月 某日 The kotsutsubo 搬出

「骨壺展」の搬出で備前へ向う。
十日余りの間に道中萌黄色の樹々もすっかり青葉茂レル。

搬出の前に少し時間があったので備前の町を廻ってみた。

かつて、まだ染付に出会うまえ、信楽焼の先生の元で修行していた頃のことだ。
独立して地元岡山に戻って備前焼作家になることも選択肢に考えていたことがあり、
この伊部の町を下見がてら訪ねたことがあった。
確か20数年前になるだろう。それ以来の再訪だ。

当時に比べて、道路も綺麗に整備され、窯元の店舗も綺麗になっている。
記憶を辿って天神様にも登ってみた。
b0041520_2221954.jpg


More
by kaikaisei | 2010-05-12 22:24 | 日記

5月 某日 The kotsutsubo 搬出

「骨壺展」の搬出で備前へ向う。
十日余りの間に道中萌黄色の樹々もすっかり青葉茂レル。

搬出の前に少し時間があったので備前の町を廻ってみた。

かつて、まだ染付に出会うまえ、信楽焼の先生の元で修行していた頃のことだ。
独立して地元岡山に戻って備前焼作家になることも選択肢に考えていたことがあり、
この伊部の町を下見がてら訪ねたことがあった。
確か20数年前になるだろう。それ以来の再訪だ。

当時に比べて、道路も綺麗に整備され、窯元の店舗も綺麗になっている。
記憶を辿って天神様にも登ってみた。
b0041520_2221954.jpg


More
by kaikaisei | 2010-05-12 22:24 | 日記

5月 某日 The kotsutsubo 搬出

「骨壺展」の搬出で備前へ向う。
十日余りの間に道中萌黄色の樹々もすっかり青葉茂レル。

搬出の前に少し時間があったので備前の町を廻ってみた。

かつて、まだ染付に出会うまえ、
信楽焼の先生の元で修行していた頃のことだ。
独立して地元岡山に戻って備前焼作家になることも
選択肢に考えていたことがあり、
この伊部の町を下見がてら訪ねたことがあった。
確か20数年前になるだろう。それ以来の再訪だ。

当時に比べて、道路も綺麗に整備され、窯元の店舗も綺麗になっている。
記憶を辿って天神様にも登ってみた。
b0041520_2221954.jpg


More
by kaikaisei | 2010-05-12 22:24 | 日記