<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「藍染付展」終了。

b0041520_13552694.jpg

二年振りの地元での二人展が終わった。
初個展から長年続けて来た画廊から、初めての会場に移って不安だったが、
市街中心地にある複合商業施設だけあって人の流れがあって予想以上に集客があった。
季節は稲刈りの農繁期にもかかわらず、会期が県展や音楽祭のイベントとかさなったのも幸いした。
天気にも恵まれたのも大きい。

今回も藍染めの作品との相性がいいとお客様には好評だったが
展示の内容には、反省するところが残る。
展示会というとどうしても点数を作ることに追われてしまう。
しかし在庫をしっかり作って、もっとお客さんのニーズに応えなければならない。

次回開催をいつにもっていくか?
また、絵付けの体験を復活させるかどうか?
いろいろ考えなければならない…。
by kaikaisei | 2011-09-30 13:57 | ひとりごと。。。

「藍染付展」三日目。

b0041520_22155828.jpg

妹との藍染付展、地元で二回、東京と山形でそれぞれ一回。
そして今回で五回目となるが、初秋を迎えるこの季節に行うのは久しぶり。
二人の作品の持ち味を考えて極力、初夏の頃を狙って展示会を行ってきたが
今回は事情があってこの時期にずれ込んでしまった。

b0041520_22163241.jpg

しかしまた、行く夏を惜しむ様な空気が会場に流れて
これはこれでなかなかいい雰囲気だ…と、お兄ちゃんは思うわけだ。
by kaikaisei | 2011-09-25 22:17 | 日記

「藍染付展」二日目

b0041520_2218222.jpg

秋の大型連休に合わせた今回の二人展。
郊外周辺部の農家は稲刈りに忙しい農繁期を迎えているが、
会場もそれなりに賑わってうれしいことだ。
今日も一日、お客様の応対に兄妹で忙しい思いをした。

今年は4年振りの開催になった「津山国際総合音楽祭」の会期と重なって
町中がプロからアマチュアまで様々な音楽に溢れている。

会場のアルネ津山には専用の音楽ホールがあるので展示会後、
演奏会に足を伸ばして生の演奏に接している。

今夜は会場横の広場で地元スウィングバンド「ダークアイズ・ジャズオーケストラ」の
演奏が聴けたので一日の疲れも吹き飛んだ。
b0041520_2220126.jpg


明日から会期も中盤に入る。気合いを入れてお客様を迎えよう!(笑)
by kaikaisei | 2011-09-24 22:23 | 日記

9月 某日 「藍染付展」始まる。。。

b0041520_23123831.jpg


二年振りの地元津山での開催となる妹との二人展が始まった。
今回から会場が市内中心部にある商業施設「アルネ津山」の
地域交流センター内「アートギャラリー」に変わって心機一転の開催。

今日は祝日ということもあり朝からたくさんの方にお出でいただいたが、
何だか、世代を超えた「同窓会」をやっているような気分になった(笑)
初日を迎えての感想は、毎度のことながら「地元は有り難い!」ということ。

これから一週間、様々な故郷の人々の再会と新しい出会いがあるに違いない。
大いに楽しみだ。
by kaikaisei | 2011-09-23 23:16 | 日記

ハイボール

b0041520_21492954.jpg


まだまだ続く残暑。
一日の終わりの楽しみはよく冷えたハイボール。
よく働いた自分にご褒美だ。

最近は、奥さんが天然炭酸水に懲り始めたおかげで、
フランスやドイツの炭酸水を使えるようになって
労働者のカクテルも急に高級感が出て来た。
by kaikaisei | 2011-09-16 21:50 | ひとりごと。。。

わが家の9.11

b0041520_21585220.jpg

今年の9月11日。
二つの歴史的事件と災害の節目になった日となったが
我が家では、それに一つの記念日が加わった。
不登校の中二長男が1年ぶりに学校に行ったのだ。
去年の運動会に参加して以降、学校に行けなくなっていた彼が
1年後、その「運動会を見に行く」と出かけていったのがこの11日だった。

我々親も不登校で家にいる息子にたいして
日常のこととして慣れてきたこともあるだろう。

そして、東日本の震災も少なからず影響があるように思う。

学校や勉強なんか二の次、生きているだけで十分ではないか?
楽しみを先のばしにすることが本当の幸せか?
という思いと疑問。

親としては運動会以降、もしかして学校復帰?!…という甘い期待も持っていたのだが
まだまだ彼はそんなに単純な人ではない(笑)
しかし緩やかに精神的な変化が見える。
彼の中で何かが変わりつつあるのは確かだ。
by kaikaisei | 2011-09-14 22:50 | ひとりごと。。。

交換レンズ

b0041520_2151938.jpg

カメラの仕組みを眼球に例えたりする。
ということはその逆もある。

若いときは、カメラ本体の性能に合わせて、
標準装備の単焦点レンズでいろいろ間に合っていた。
しかし歳を重ねてくるとカメラの性能に満足できなくなってくる。
カメラの買い替えは不可能(笑)となると「交換レンズ」が欲しくなる。

というわけで、私も日々の暮らしに交換レンズを取り揃えた。
遠近両用の普段の生活用(標準ズーム系)。仕事用(マクロ系)。自動車運転用(中望遠系)。
メガネも性能を考えたら単焦点レンズを使い分けるのが、正解かと納得する。

歳をとるということは、いろいろオプションが必要になるということらしい。
by kaikaisei | 2011-09-13 22:07 | ひとりごと。。。

9月 某日 こうぐみ

b0041520_23271697.jpg

以前当たり前だった因習習慣はどんどん簡略化されていく。
それは経済活動に飲み込まれ、民間の企業が代行業者として参入し
地域の繋がりは希薄になってきた。

その一つが葬儀だろう。
こんな田舎でも葬式は民間の斎場を使うのが常識となっている。
あちこちに斎場が乱立して、地域の葬儀の奪い合いをしているようだ。

そんな中、今回珍しく自宅での葬儀があった。
「こうぐみ」の仕事をしながら、昔ながらの地域での共助の精神を見て興味深かった。
今は煩わしいというが、以前はそれが当たり前だったのだ。
しかし、なんでも一度楽をしてしまうと、元に戻ることは難しくなり
過去の因習として忘れ去られていく。
「死」をどうやって受け入れ共有して、助け合っていくか?
葬式の意味を考えさせられた。
by kaikaisei | 2011-09-09 00:09 | 日記

「藍染付展」みたび。

b0041520_23561078.jpg


去年は初めて地元を離れて東京から東北へと
武者修行に行ってきた妹との二人展。
今年は地元に戻って凱旋公演となる。
会場も初めてのところ…。
心機一転でのお披露目。
よろしく。
by kaikaisei | 2011-09-06 23:58 | お知らせ

9月 某日 秋の色

b0041520_2394597.jpg


中学生の時、美術部に入って初めて油絵というものを習った。
その折に秋の空を描くときには空色の絵の具に黄色を混ぜると良いと教えてもらった。
空は青。雲は白。と単純に思っていた私にとってはとても新鮮な言葉だった。
今となれば、何でもないことだが、季節感を表現するための秘伝を聞いて興奮したのを覚えている。

毎年この季節。
夏から秋への変わり目は、空の色への黄色の絵の具が混じり加減が
微妙に感じられる。

まだ残暑が続くと予報官は言うが、やはり秋の色が濃くなった。
月が変わった途端の台風襲来で大きな被害が出た。
直撃を受けた岡山よりも遠く離れた紀州半島の方が被害が甚大で
澄み渡った秋空を見上げても、心は晴々とならない。
by kaikaisei | 2011-09-05 23:20 | 日記