<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

9月 某日 保佐人

b0041520_2244484.jpg

親の介護もせぬうちに身内の世話をする。
やっとHの成年後見人制度(正式には保佐人)の申請書類が提出できた。
関係書類を揃えるのに半年近くかかってしまった。
こういう事務仕事を最も苦手とする私にしてみれば誠に大事業であった。
家裁に行く前に何度もチェックシートで書類を確認した。
だいたいが役所に書類をもっていくにしても、もらいに行くにしても
一度ですんなり用件を遂行できたためしがない(苦笑)
だいたいどこかに不備があって出直すことになっている…覚悟はしていたが、
拍子抜けするほどすんなり受け付けてくれてホッとした。

来月には、裁判所で本人(H)、申立人(私の父)、保佐人候補者(私)の三人で面接を受けて
審理が済めば、晴れて私は成年保佐人に選任されることになる。

先に申請の通った弟のKは弁護士が保佐人に選任されているので今後は弁護士とのやり取りしながら
財産の分与をして、それぞれ入院中の二人に施設を探すという大仕事が待っている。
確かに色々難題はあるが、病院、福祉、法律方面の関係者と接点が出来るので
社会勉強しながら親の予行演習として務められればいいんだが…。
それを一遍に背負い込むとしんどいことになるだろうな。
by kaikaisei | 2012-09-28 22:46 | 日記

9月 某日 モヒカン

b0041520_220319.jpg


初秋の風にサワサワと稲穂をなびかせてた稲田も
気がつけば青々とした蘖(ひこばえ)も生える田圃の姿になっている。
今年も季節は収穫の秋を迎えて、私自身は心中焦るばかりなり…だ。
by kaikaisei | 2012-09-23 22:02 | 日記

9月 某日 ボルト&ナット

b0041520_22524524.jpg


以前も紹介したハナヤマのキャストパズルだ。
これは体験した人はわかると思うが、ハマる。
正確にいうならハズすことにハマる(笑)そしてハズす以上にハメることにもハマる(笑)

ということで新作に挑戦中。
一見ただのボルトとナットに見えるがボルトは中空になっていて振るとカラカラと音がする。
ボルト頭に空いた穴から覗くと小さなナットが一つ。
どうやらこれを取り出すのが指命ようだ。

仕事の合間にカチャカチャしているが難易度レベルは最高の6だけあって、攻略に苦労している。
何より面取りしてない金物だから長時間していると指先が痛いのが難。
集中力も一日30分が限度だ。

単調な仕事の合間の気分転換のつもりがつい夢中になってしまう。
現在三日目。わずかな糸口は見つけたがその先をまだ攻略できないでいる。
ハズすのに一月半かかった難敵もあったが、これも長く楽しませてくれるのだろうか?(苦笑)

今日は午前中は陶芸教室だった。
午後は久々にロクロを挽こうと勇んでいたら、突然左背中に痛みが走る。
試しに粘土を練ってみたが、背中が痛くてどうにもならない。
整骨院に飛び込んで加療したら少し楽にはなったがまだ痛みが引かない。
しばらく通院の必要がありそうだ。
やっと歯の治療が終ろうかというところだったのに…。
by kaikaisei | 2012-09-20 23:01 | 日記

9月 某日 注意!

b0041520_22395199.jpg


柳条湖事件と盧溝橋事件とを全く混同していた。
戦国時代や明治維新に熱中するのもいいが、現代史はちゃんと知っておかないと
とんでもないことになってしまう。

昨今の中国の騒乱を見ていると、記念日としての意味合いは違うのかもしれないが
東京大空襲の日も沖縄戦開戦記念日も原爆投下記念日も反米デモはやらず
(一部右翼の人は活動をしているかもしれないが…)
アメリカ製品の排斥もせずに、慰霊の日として黙祷してただただ祈っているという日本人は
やっぱりすごい国民だなあと思うわけです。
by kaikaisei | 2012-09-18 22:44 | 日記

古染付復刻 3

b0041520_22365495.jpg


桃山陶の再現に取り組む6人の作家によるグループ展「桃山室町の技を今に」が
渋谷の炎色野(ひいろの)で始まっている。

今回の出品作は久々に作った古染付の向付4種を中心に
向付を縮小したデザインの箸置、他に祥瑞の酒器等を納品した。

6人の中、私だけが磁器の仕事をしているわけで
バリバリの薪窯土物作家の中で私の作品は異色だろう。
会場の雰囲気を上手く引きたてていればいいのだけれど…。

オーナーのH間さんからは何も連絡は、ない。
「フクニシさん、今回の作品いまひとつね」なんて言われているのだろうか。
今回も自分からは怖くて、聞けない(苦笑)

兎に角、グループ展というのは作品の点数では、負担は少ないが成績が他の出品者と比較される。
一々一喜一憂する間はないが、評価は数字に表れる。
これは競走馬と同じ心境だろう(笑)
by kaikaisei | 2012-09-15 22:44 | 制作の現場から

9月 某日 土嚢の積み方

b0041520_13465995.jpg


土嚢の作り方及び積み方をご存知だろうか?
私は初めて教えてもらった。
夜の市営グランドに集合して消防署署員から直に講習を受けた。


先ずは作り方。土嚢袋に入れる土はせいぜい七分目(スコップで軽く四杯ぐらい)まで、
入れ過ぎたら運ぶのに大変な上に、積んだ時に隙間ができてしまう。


袋の絞め方。結び紐を絞って上から掴んだ手の上から三周巻き付け、
指の間から上から下に通すときっちり締まる。
逆に下から上に通すと解けるので注意。


土嚢の積み方。充分な作業スペースを確保して、
流れの上流から下流に向けて結び目を重ねながら一段づつ積んでいく。


土嚢を高く積む場合は、後ろに「控え」の土嚢を積んで補強すること。
この時、河川の堤などで強度を持たせる為には防水シートを下に敷き
土嚢が積上ったら河川側から全体を包み込む。
このときシートを延長する場合は下流にむかって先のシートの内側に入れるように継ぎ足していく。
逆にすると延長部分が袋状になり水が侵入してしまう。


人員の役割り配置が大切。
土嚢を作るひと→運ぶひと→設置するひと
ひとの流れが停滞しないように人員の役割り配置が肝要となる。

以上。ただ積めばいいというものではないのだ。
しかし土嚢を積む程度で凌ぐことのできる水害ならいいが、
最近の和歌山や九州での大規模な出水の様子を目の当たりにすると、無力感にとらわれる。

とはいえ、住民の生命や財産を守り、また避難完了までの時間を遅らせることはできる。
そう。できることはやらなければならぬ。

問題はその場の状況で冷静に作業が出来るかどうかだな。
by kaikaisei | 2012-09-13 13:50 | 日記

9月 某日 三越レポート


三越本店での飯茶碗展も残すところあと一日となった。
少しは売れているのだろうか? 出展者が二十数人もいるのだ。
皆が均等に売れているとは限らない。
デパートのひとに「ワタイどんなですか?」と問い合わせてもいいのだが、
「ああ~それがセンセイ。まだ一客も売れてないんですよ」なんて言われたらどうしよう。
怖くて聞けない。

そんな中、何人かのお客さん友人から「ちゃんと並んでいた!」という有り難い現地報告があった。
店内での撮影は難しいと思うのだが…証拠写真も頂いた。ありがとうM本さん。

b0041520_1432757.jpg


私の作品は4種類しか陳列していなかったということなので、一種類は完売したということだろうか?

b0041520_1434430.jpg


O氏からの報告では、さすが三越だけあって皆レベルが高かったということだ。
なるほど。三越だけあって他にはないシャレたデザインが多いように見受けられる。

日本人にとっては飯碗は一番身近で大切な器。
だから作家としての実力とセンスが問われる器とも言える。
もし来年もお声を掛けてもらえるなら、気合いを込めたものを出品しなければならないな。
by kaikaisei | 2012-09-12 14:24 | 日記

9月 某日 天井カメラ

b0041520_233793.jpg


防犯カメラと呼ばれる監視カメラがいたるところから我々市民を見張っている。
当然のことながら我が工房にも設置されていてWi-Fi環境を利用して、
奥さんの仕事場にあるモニターを通じて私の仕事振りは常に監視されているのだ。
…というのはウソで。
本日は来週に迫ったグループ展に向けて、鯰向付の絵付けをした。

ここのところ、細かい絵付けが多くなっているので、久しぶりに取り組む古染付の仕事は新鮮だ。
ざっくりした絵付けで楽といえば楽だが、こういう仕事が本当は一番難しいと思う。

ちなみに、
ナマズというと日本では地震に結びつけられて、印象が良くないが
中国では縁起のいい魚らしい。
by kaikaisei | 2012-09-06 23:16 | 日記

テルマエ

b0041520_2141075.jpg


この夏場の疲れを癒す為にも風呂(テルマエ)に行きたい。
わが家以外の風呂に…
温泉であれば、なお言うこと無いが…銭湯でも可。

映画も見た。
平たい顔族としては上戸彩ちゃんは可愛いかったが、役柄的にはちょっと鬱陶しかったな。
あのチネチッタスタジオで撮影された初めての日本映画とあらば、
そんなことは些細なことだ。
by kaikaisei | 2012-09-05 21:43 | ひとりごと。。。

「2012年 桃山・室町の技を今に」〜グループ展のお知らせ

b0041520_23424356.jpg


来週末からの渋谷「炎色野」でのグループ展のお知らせ。
DM表面では、私は「織部」になっているが「古染付」のミスプリ。
まだまだ転向するほど仕事はし尽してはいません(笑)

それにしても炎色野を代表する選手モトイ!
… 作家の皆さんの仲間に入れてもらえるとはとても光栄なことだ。
いつも個展中心の炎色野、今回初めての企画展だとか。
どんな作品が並ぶか見てみたいところだ。

現在、まだ絵付け中なり…(苦)
by kaikaisei | 2012-09-03 23:46 | お知らせ