<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月 個展のお知らせ

新潟での初めての個展が迫ってきた。
長岡から新潟。二カ所の会場を巡回する。
今年もとびきり厳しい冬だった越後の街。
待ちに待った春だろう。
桜の開花に合わせて、染付の華を咲かせられたらと思う。

長岡会場には13日
新潟会場は、18〜23日まで、在廊の予定。


以下、案内状より。

b0041520_229493.jpg

b0041520_223130.jpg


詳細は、ここ。ぎゃらりい栗本へ。
by kaikaisei | 2013-03-31 22:18 | お知らせ

双耳龍紋扁壺の製作 36

素焼きは、ほぼ無事に焼き上がった。
(4個のうち1個は亀裂が見つかったのでボツ(涙))

絵付け前に表面処理をしておかなければならない。
広い局面はサンダーで。
b0041520_22551434.jpg


最後は細かめのサンドペーパーにして、手で磨き上げる。
石膏型の繋ぎ目など全表面を滑らかにする。
磨きをかけることで、かなり筆の運びが良くなる。
b0041520_22552111.jpg


これで絵付け生地の準備ができた。
by kaikaisei | 2013-03-26 22:55 | 制作の現場から

デジタルトランスポート

b0041520_22343314.jpg


iPodの実力はデジタル出力によって発揮されるそうな…。
そこで以前から欲しかったオンキョーのデジタルトランスポートを手に入れてみた。

普段よくあるDockはiPodから直のアナログ信号を引き出しているもののようだ。
イヤホンやヘッドホン出力用のピンジャックと同じ信号になる。
この機器はiPodからダイレクトにデジタル信号を取り出すという。
当然デジタル信号のままだと聴けないから、DAコンバーターも合わせて購入した。

それぞれにお財布に優しくしなければならぬということでトランスポートはヤフオク。
DACはAmazonで安価なものを探した。
なにしろトランスポートの出力が光ケーブルのみなので
選ぶDACもこのオーディオテクニカのヘッドホンアンプ兼用のものになったが十分だ。
さらにDACを真空管のプリメインに繋いで先日紹介したのAR-25で鳴らすという塩梅だ。

さてその実力は。
噂通り、iPodもデジタル出力になると情報量が格段に増している。
なるほど~。細かい音のディテールが浮かび上がっている。
写真でいえば今まで300万画素の画像が一気に1200万画素になったような感じだ。
これはイヤホンで耳に突っ込んで聴く音ではないな。

確かにアナログレコードと比べてみても確かに音質はいい。
グンと臨場感が増したという印象だが、それが一方で鑑賞を強要されるような圧迫感があるのも確か。
これは好みの問題でもあり、だんだんと慣れるものかも知れない。
華やか目のアンプの音色と合わせて躍動感が増した感はある。
何よりスクラッチノイズがないというのはクラシック系には有り難いが
個人的にはまだまだアナログレコードの方が好きだ。長く聴いても聴き疲れがしない。

しかしネット配信が幅を利かせてCDの時代も終焉に向かっているようだが
このハイレゾ音源に肩を並べられるのが往事のアナログレコードだとしたら皮肉な話だ。

例えばクッキリハッキリの高画質デジタル写真と独特の諧調のある銀塩写真のどちらを選ぶか?
悩ましいところだが、それぞれの良さを楽しみたいのと同じように。
by kaikaisei | 2013-03-20 22:39 | 聴く

3月 某日 ホース格納箱

b0041520_22211625.jpg


今日は昨日と打って変わって朝から雨模様の日曜日。
午前中は毎年この季節の恒例になっている消防団の操法訓練大会の応援に参加。
雨のためにグランドから急遽屋内練習場へ。
茶道でいうところの割稽古の様な練習であった。

午後は管轄区域にある古くなった消火栓ホース格納箱の交換作業にあたる。
近くに商店があったので電源を使って切削やランマ作業ができたのが助かった。
団員の皆も力を合わせてくれて要領よく仕事ができた。

現在春の火災予防週間だが、近隣では毎日のように林野火災が発生している。
真新しくなった格納箱の蓋が開くような事態が起こらないように祈りたい。
なんにしても、火の用心だ。
by kaikaisei | 2013-03-10 22:23 | 日記