1月 某日 出初式

b0041520_13143901.jpg


毎年のネタだが、地元消防団の出初式。
今年は珍しく篠突く雨の中だ。
ただでさえ重い厚手の法被が雨を吸って更に重くなる。
冷たい雨に濡れながら、無言のオヤジ達の背中から
嘆きの呟きが聞こえるよう。
「寒び〜!」
「早よ終われ〜!」















# by kaikaisei | 2017-01-08 13:11 | 日記

1月 某日 森林公園

b0041520_23134845.jpg


トレランなど始めて、訪ねる機会が増えた県立森林公園だが、真冬に訪れたのは初めてだ。

山の遊びの師匠、友人O氏に連れ出されて雪山散策。

雪は少ないとはいえ、2030センチの積雪に足を取られながらの行軍。

高低差も200メートルほどとはいえ、急坂もあり心地いい汗をかいた。

雪原と冬木立の風景を堪能する。


改めてOくんには、踏み跡のない真っ新な雪原を踏み歩く楽しみを教えてもらった。

これは病みつきになりそうだ。

帰りは奥津温泉で汗を流し、疲れを癒して新年初登山を終えた。


























A

























.
# by kaikaisei | 2017-01-07 23:16 | 日記

1月 某日 神社総代

b0041520_15150432.jpg



あけましておめでとうなのだ。

大晦日にぶり返した風邪で歳旦祭の神事は欠席させてもらったが、
元旦午後からの初詣の接客を迎える当番にでる。

高齢化が進む集落だが、急な長い階段を息を
切らして登ってくるのは子供達や若者が多い。

そんな皆さんに甘酒やオデンを振舞って、
こちらの風邪も治った心地がした。

今年もよろしくお願い申し上げる。















# by kaikaisei | 2017-01-01 15:10 | 日記

2017年 干支作品 制作日記 10

b0041520_22012142.jpg


窯出し。
今年こそゆとりを持って仕事を進めてきたが、
結局年も押し迫っての完成となってしまった。

b0041520_22012219.jpg


桐箱に納めてから、発送配達作業に入る。













emoticon-0100-smile.gif

# by kaikaisei | 2016-12-27 21:53 | 制作の現場から

2017年 干支作品 制作日記 9

b0041520_22443440.jpg

身と蓋、それぞれ中に釉薬を掛けないように
空気を溜めて外側だけ透明釉を掛ける。

b0041520_22443522.jpg

内側は白磁乳濁のマット釉を流し込む。

b0041520_22443530.jpg

蓋に付くオンドリとメンドリは小さいので
ピンセットで挟んで施釉。

b0041520_22443758.jpg

身蓋のウケ部分に塗ってあるマスキングゴムを
剥がして、アルミナ溶液を塗る。
ここでも釉薬と区別が出来るように
墨汁で着色してある。

b0041520_22443743.jpg

身蓋を重ねて、上に夫婦鶏を据えて
ようやくの本焼き焼だ。
b0041520_22443837.jpg
















^_^
# by kaikaisei | 2016-12-26 22:19 | 制作の現場から

2017年 干支作品 製作日記 8

b0041520_21275875.jpg


骨描き(線描き)の次は、呉須を薄めた濃(ダミ)を差していく。
単調にならないように濃淡を作っていくのがコツかな。

b0041520_213205.jpg


局面なので角度に気を遣いながら、
表面を手で触れないように濃を差すのが苦労するところ。

b0041520_21324362.jpg


鶏のトサカには赤く発色する真紅という絵の具を使ってみた。

b0041520_21332427.jpg


色が入ったら途端に鶏らしくなった。

b0041520_2133328.jpg


絵付け完了。
次は最後の工程、釉薬を施して窯詰めだ。



















# by kaikaisei | 2016-12-17 21:43 | 制作の現場から

12月 某日 解体

b0041520_22064424.jpg


公民館の体育館が解体改築されることとなった。
廃校になった小学校の体育館が公民館施設として
長年地域の住民に利用されてきた。
かつては小学生の私の思い出もあり、
最後は長男が剣道教室でお世話になった。
その後は家内が始めた卓球クラブで使い続けてきた。
貴重な存在だった木造体育館も老朽化で
危険な建物となってしまった。
聞くと昭和28年の施工だというから、63歳とのこと。
よく働いてくれたものだ。
建物は独特のタールの匂いを放っていたし、
床の軋む音は何時までも耳を離れないだろう。
見慣れた建物が無くなったら
いつも風景に穴が空くことだろう。
解体される音が嘆きの声に聴こえる。














# by kaikaisei | 2016-12-13 22:02 | 日記

2017年 干支作品 制作日記 7

b0041520_23430755.jpg


絵付けに入る。
下書きにしたがって、骨描き(線描き)をする。
先ずは唐草の枝から。

b0041520_23430827.jpg


花なのか実なのか…判別出来ないが、描く。

b0041520_23431084.jpg


後の空白を唐草模様で埋めて行く。
サインを入れて、骨描きは終わり。

# by kaikaisei | 2016-12-12 22:51 | 制作の現場から

2017年 干支作品「染付花唐草紋香合」

b0041520_22555945.jpg


毎年恒例の干支シリーズ。
2巡目に入り、香合の連作になって2作品目の仕事。
伊万里でよく使われる花唐草紋をあしらって、
少し窪んだ蓋には雄鶏と雌鶏、ヒヨコを乗せた。
限定30作品で只今製作中。
製作過程はブログで紹介している通り。

b0041520_22561818.jpg


内側は卵の殻をイメージした白磁マット釉を施した。

b0041520_22563021.jpg


高台部。

b0041520_22571178.jpg


香合だから掌サイズね。

b0041520_22532470.jpg


全作桐箱の仕立。
御注文やお問合せはこちらへ。























# by kaikaisei | 2016-12-11 23:24 | お知らせ

12月 某日 葉牡丹

b0041520_13363296.jpg


玄関先で金魚を飼っていた甕が水漏れを始めたので、
葉牡丹なぞを植えてみた。
水漏れはしても水ハケは悪いから、
根腐れのおそれはあるが、
殺風景になった庭先をしばらくは
彩ってくれるだろう。









# by kaikaisei | 2016-12-11 13:28 | 日記