プラナリア

b0041520_2337782.jpg

私が図書館から借りてかえってきたプラナリアの本を読んで、
次男小6は俄然興味が湧いたらしい…夏休みの自由研究にするという。
水質の良いことの指標になるような生物だから、
余程環境に恵まれたところでないと採取出来ないらしい。

そこでクルマを走らせて山中の渓流に分け入り、
あちこち石をひっくり返して探してみたが結局見つからなかった。
見つからないとなると尚更気になる。
どうしても捕獲したい。

そこでトラップ(罠)を仕掛けることにした。
by kaikaisei | 2011-07-29 23:39 | 遊ぶ
<< 双耳龍紋扁壺の製作 13 双耳龍紋扁壺の製作 12 >>