7月 某日 帰郷

b0041520_10215012.jpg

特別警報が発令さた夜は出張中だったので消防団からの指令を携帯で団員に指示の伝言を送るような状況でとても歯痒い思いをした。
仕事とはいえ現場から離れている私の代わりに身を危険に晒している団員に申し訳無い気持ちになった。

夜行バスが運休になり、他の代替交通機関もアクセスができないとなってしまった。復旧を待つために埼玉の親戚を頼って一泊お世話になった。

予定より1日遅れての帰郷。
濁流で水量を増した吉井川の河畔にたってしばし呆然とする。
by kaikaisei | 2018-07-09 10:19 | 日記
<< 7月 某日 風説 7月 某日 東京 5 >>