宝の山。

先の横浜での個展の会期中。関東地方を今年一番の嵐が襲った日。
大学からの我が友Iくんが会場に大きな荷物を持って来てくれた。
亡くなった彼のご尊父の遺品。

以前、父上がカメラを蒐集していたことを聞き、
要らないカメラがあれば分けてくれないか、とダメもとで頼んだら
なんと!快く譲ってくれるという。
で。その暴風雨の日に彼が置いていった段ボール箱。3箱。
ガラクタで使えないものばかりだから、「期待しないでよ」と言っていたが。
荷を解いてみてビックリ!興味の無い人には何が?と思われるかもしれないが。
まさに「お宝の山」だ。

b0041520_22505580.jpg


二十数点のカメラ。他に一眼レフ用の交換レンズ。
そして多量のレンズフィルター他ストロボをはじめとするアクセサリ多数。
故障しているカメラもあるが、殆どが機械式なので私の力で何とか直せるかもしれない。
しばらく遊べそう。

コレクションの内容から、Iくんの父上。なかなか良いご趣味をお持ちだったと見た。
今後、大切にしてお父上のカメラと写真への愛情を受け継ぎたいと思う。

そして、あらためてIくんに御礼の気持を伝えたい。
by kaikaisei | 2006-10-26 23:06 | コレクション
<< 粘土の再生作業(1) 10月 某日 晴れ 絵付け体験 >>